ファミリーの1歩先には親子スタイル

「素直」こそ上達の近道

 高2の娘の机の前に、受験生の心得という予備校の資料が貼られていました。


赤で囲まれているところを読んでみると、『一日一本ボールペンを使い切れ!』の文。
そうか、これだったのね!!「二日で使い切ったよ」「あともう少し。一日で使い切っちゃうよ」など、ここ半年ほど、ずいぶんボールペンを使うのねーと思っていたのです。
予備校で教えてもらったことを実践していたのですね。

そういえばスケジュール帳を買いに行った時も、
「二十四時間の目盛りがついているものが欲しいんだ。1日何時間勉強できたかわかるから」。
聞いてみると、学校の先生に勧められた勉強方法なのだそう。
好みのスケジュール帳をやっと見つけて毎日マメに書き込んでいる様子で、
「今日は○時間勉強したよ」「今日は○時間しかできなかった~」
「見て見て!こんなに勉強したんだよ。このスケジュール帳は神だ~。○○先生はやっぱ神だな」

こういう素直なところが娘のよいところだと思います。
幼稚園から内部進学で、勉強よりお稽古事という感じで、のんびり育ってきましたが、成績がぐんぐん伸びてきた理由は、この「素直さ」にあるのじゃないかしら。

「素直な子は伸びますよ」と四年生の時の担任が言ってくれたことがありましたが、大人でも同じじゃないかしら。

学校にも親にも不満がいっぱいあるようで、素直な良い子ちゃんじゃないですけどね!

(泉さやか)

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧