ファミリーの1歩先には親子スタイル

ネット人格を意識する

就職活動というものが、紺のスーツに身を包んで見かけの個性を消し、試験官に気に入ってもらえそうな体験をPR!でなりたっていた時代がありました。

飲むとすぐ脱いで踊り出す先輩(男)も、酔っぱらって薬局の前に置いてある「サトちゃん」を部屋に持ち帰った知り合いも、そんなことが内定先に知れることなどなく、「若気の至り」の行動はそのまま仲間の記憶の中だけに封印されていくことが普通でした。

でも、今は違います。

思春期になりたてで、就職活動なんて遠い先のこと、と思っている子供でも、ネットに触れる前に、きっちり「ネット人格」を作る大切さについてわかってもらう必要がある世の中になってしまいました。

写真でも文章でもネットにアップする前に、

・本当に公開してもいいものなのか
・見た人が自分をどう思うか

をほんのちょっと意識することが大切だと思います。

Facebookなどで、セキュリティーが細かく設定できるから、と安心して住所などの個人情報や仲間内にしか見せない方が良さそうな写真をアップしている人もいますが、一度ネットにアップすると簡単にコピーできることや、多くの会社の情報漏洩事件を考えると、アップそのものを見合わせた方がいいことも多々あります。

ツィッターやフェイスブックなど今多くの思春期の子供達が利用しているサイトに親も登録して使ってみるのもオススメです。自分で利用してみると、楽しさも注意しなくてはいけない勘所もわかりやすいです。震災時、携帯電話やメールがつながりにくかった時に役立ったこれらのソーシャルメディアは緊急連絡の一つの手段を確保する意味でも慣れておくと良さそうです。

ネットに出す情報はうまく使うと自分のイメージを高めたり、より理解してもらえるきっかけにもなります。どうせ使うならいい方向に向かうように。寝た子はもういない、と考えて、親からよく話しておくべきテーマだと思います。

文:和田理恵

親子スタイルアドバイス
■お勧めの対象 思春期の子を持つすべての親へ
■コメント 完全に情報を削除できないネット。触れなければいい、というだけでなく、上手に使えるようになるために親がすべきことが今たくさんあります。一例として有名ソーシャルメディアであるフェイスブックがあります。こちらを使う際の基本的な注意点から細かい使い方までは参考URLに掲載した熊坂仁美さんの動画でひととおり知ることができます。全く知らない方は一度見てみることをお勧めします。
■参考 熊坂仁美さんFacebook解説の動画
※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
  • ソーシャルメディア フェイスブック ツィッター 思春期
カテゴリ一覧