ファミリーの1歩先には親子スタイル

成人式はなんのため?

先日、全国で成人式が行われ、テレビでは晴れ着を着たお嬢さんやスーツを着た男の子たちの姿が映し出されました。

毎年、成人式での新成人の素行が問題になったりするこのごろですが、他人事だと思っていました。

今年は早生まれの娘は、まだはたちにはなっていませんが、成人式を迎え、振袖選びから前撮り、成人式と一通り経験し、いろいろ考えてしまいました。


まずは、振袖屋さんのものすごい商魂。
どこで調べてくるのか、実際に成人式を迎えるおよそ2年前から、電話、DMの嵐。
私たちのころはもちろん振袖が多かったですが、そんなところにお金をかけるなら、実用的な社会に出ても使えるスーツを買ってもらった、という人も結構いたのですが、今の子たちは、振袖着ないなら、成人式に行く意味がない、といった感じのようです。

さて、当日は朝から着付けだとかで大忙し。
そのままお友達をピックアップして会場に送り届けました。
その後、かえってきたらあっという間に振袖を脱ぎ捨てて、中学の同窓会パーティーへ。
午後5時から夜中までという設定です。

えっ?

ということは、ここまでいつくしんで育ててくれた、親や、おじいちゃんおばあちゃんに会う時間もなし?
振袖は一瞬で終わり?

よくよく聞けば成人式自体も会場には入らず、外で久しぶりに会う小中高校の友達としゃべって写真を撮っていたらしい。

そりゃあ、楽しいだろけど、成人式って、そういうものではないと思うのは、古いのかなぁ?
ほかの親御さんたち、ものすごいお金も労力もかかっている晴れの日、こんなんでいいのかぁ?

さすがに、式で騒いだり、妨害したりそこまでバカではないようだけれど、自分ひとりで大きくなったわけではないし、オトナとしてのひとつの区切り、単に同窓会で盛り上がって楽しかった日、というのにはものすごい違和感を感じたのでした。

毎年成人式のあり方が問題になりますが、実際に身近に見て、確かに税金使って式典をする意味があるのか疑問に思いました。
個々にはたちになるときに、家族でお祝いしたらいいんじゃないか、そんな気がしました。

(by 武田 りこ)
※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧