ファミリーの1歩先には親子スタイル

高校生の大学受験

 先日やっと、娘の大学受験が終わりました。
 行きたい学校はひとつに絞っていて、滑り止めはなし。なので、合格してなかったら、またお受験モードに逆戻りですけれど、とにかく試験が終わってホッとしています。結果がどうでても、娘はがんばったので、たくさん褒めてあげました。

 高校受験の時は、希望校の下見・受験日の送り出し・発表を見に行くのに付き合い・手続きも同伴、、、、と親の出番も多かったですけれど、大学受験ですから親の出番はほとんどなし。

 私の場合は、夏休みに大学の下見・説明会に同伴しただけでした。結果発表くらい一緒に行こうかと思ったけど、本人が在学中の高校の期末テストで行けないとのことなので、郵送で結果を待つことになりました。あと親がやることといえば、お金のことくらいでしょうか。なんて楽チン♪

 小さい時から一番手のかかる子だったので、本当に大人になったなぁと思います。

 あとは結果を待って、受かっていたら寮生活になる予定なので、その準備をすることになります。兄は、自宅から大学に通っているので、家を巣立つ子は娘が初めて。ちょっと寂しい気持ち、切ない気持ちになってますが、いいかげん子離れしないとね。

 せめて春からの生活準備は、二人で楽しく揃えられたらと思ってます。
 …..いや、受かっていたらの話ですけれどもね!

(文・平戸京子)

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
[平戸 京子]
(2012年01月28日 17:16) 個別ページ
カテゴリ一覧