ファミリーの1歩先には親子スタイル

宇宙飛行士に求められる能力

こんにちは、さやかです。友人、知人の御子息が就職する年代になり、過酷な入社試験の話などを聞くようになりました。「4次で落ちた」と言うので「え?何次まであるの?」と聞くと「8次までよ」ですって!


入社1年目の友人のお嬢さんは、某会社の、自己推薦みたいな入社試験で採用が決まったのですが、彼女はまあまあ大手の会社の普通の採用試験で、いくつか落ちているんです。帰国子女なので一般常識が足りなかったらしいんですね。けれど自己推薦で採用された大手企業では、本社採用となり、新入社員でトップの成績を誇っている。これからは入社試験の方法も、バリエーションがでてくるのではないでしょうか。自分に合った入社試験方法を見つけるのも大事なことだと思いました。友人知人に会うとそんな話題ばかりの日々の中、

昨年末くらいの『アエラ』で、「宇宙飛行士に求められる 能力8カ条」という記事を目にしました。
自己管理、危機管理、異文化対応、チームワーク、リーダーシップ・フォロワーシップ、意思決定と問題解決、状況認識、コミュニケーションの8つです。
これって企業が採用時に求める能力8カ条と同じだわ。

そして先日チェックした『マイナビ2013』に上記に関連した、興味深い本の紹介がありましたので、ご紹介したいと思います。

Vol.4:世界で一番難しい選抜試験とは?宇宙開発ミッションから学ぶシゴト論

『1冊目は宇宙飛行士の選考を追った「ドキュメント 宇宙飛行士選抜試験」。
2008年に行われた日本人宇宙飛行士採用の現場に密着したドキュメンタリー番組を書籍化したものです。応募数は過去最多。厳しい予備選考を潜り抜けた最終候補者10人の中から、どのように宇宙飛行士が決まるのか? 候補者の視点、選考する側の視点を交えつつ、宇宙飛行士が選ばれるまでの過程をていねいに追っていきます。

2週間に及ぶ選考の中には、閉所での集団生活、その環境下でのグループワークなど宇宙飛行士の資質を問うための特異なものもあります。しかしながら最終的に合否を分けるものは、実は天才的な頭脳でも超人的な運動能力でもなく、ふつうの企業の選考と共通するものだといいます。それは何か? 世界の中でも最も難しい選抜と言われる選考の過程を詳細に知ることができるこの本ですが、宇宙飛行士志望者でなくても読んでおきたいポイントが多くあります。』

友人たちとの話の中で、希望の会社の採用通知を手にするために、みんな相当の準備をして臨んでいることを知りました(このあたりはまたご報告したいと思います)。テクニックだけでは無理で、、一朝一夕には培えない部分に勝負がかかりますね。となると親の責任も重大!とりあえず、この本を読んでみようかと思っています。

(泉さやか)

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
  • ドキュメント 宇宙飛行士選抜試験 宇宙飛行士に求められる 能力8カ条
カテゴリ一覧