ファミリーの1歩先には親子スタイル

家族旅行!

先日、久しぶりの家族旅行に行ってきました。

旅行好きの私の母が、かねてから孫(私の子どもたち)を誘って旅行に行きたがっていたのですが、昨年は震災があっったりして果たせませんでした。1年経ち、また母からお誘いがあったのです。


せっかくだから私と主人も便乗することにして、私から子どもたちに休日の予定を聞きました。

23歳のの長男。
社会人になった今は、彼女と会える貴重な休日。きっと行かないだろうな、と思っていたのですが、「たまにはおばあちゃん孝行もしないとな・・」とひとこと。

19歳の次男は開口一番「行けるよ!」

17歳の長女は予備校の予定があるので無理、とのこと。

かくして、総勢5人で熱海のホテルに出かけました。昼ごろ現地に着き、ホテル内を探検し、温泉につかり、そして夜は夜景の見えるレストランでバイキング。母も上機嫌で日本酒を飲んでいました。

夕食後はホテル内のゲームセンターで卓球と、”正しい”温泉旅行となりました。翌日はどこにも寄らずまっすぐ帰ってきたのですが、皆揃ってのんびりできただけで充分。貴重な2日間となりました。

全員は揃わなかったけれど、子どもが小さい頃は当たり前だった家族旅行も、今は一大イベント。私がおばあちゃんになったら、今度は孫たちと一緒に大勢で行くことにもなるのかな、と遠い先に思いをはせるのでした。

(文:山口るみか)