ファミリーの1歩先には親子スタイル

子育てももうすぐ終了です

 ある美術館のレストランでランチをしていたら、お隣のテーブルにご家族がやってきました。5才くらいの女の子と6才くらいの男の子の4人家族です。


私の後ろで女の子がコートをパタパタと脱ぎました。テーブルの間隔が広いお店なので、それほど気にならなかったのですが、母親がすぐに、「そんなところでコートをバタバタ脱いではダメでしょ!もっとこっちで静かに脱ぎなさい」と厳しい声で注意。そして私にも、「すみません」と声をかけてくれました。

若いお母さんなのにしっかりしているわ、と私は感心。年齢に関係なくレストランやカフェなどで隣でバタバタと平気でコートやダウンまでも脱ぎ着する人の多いことに、配慮ってものはないのかしら、と思うことが多いからです。

若いお父さんとお母さんは、一日子どもをどう楽しませようかという内容の話をしているのですが、その間にも子どもに注意をし続けます。椅子を引きなさい、手を拭きなさい、熱いから待ちなさい、こっちも食べなさい、などなど。おとなしい子どもたちの声はまったく聞こえず、両親の、結構厳しい口調での、~しなさいという声が次々と聞こえてきて、だんだん隣にいる私は居たたまれなくなってきました。

そして子育て中の自分のことを思い出したのです。4才くらいの娘と二人で実家に遊びに行ったとき時、母は私に言いました。「○○ちゃんはちゃんとあなたの言うことを聞く子なのに、どうしてそんなに強い言い方をするの?」。強い言い方?してるかしら?「わざわざ言わなくてもよいようなことまで厳しく注意しすぎよ」と母。へー、私ってそんなに厳しかったんだー。目からウロコでした。毎日の子育てでそういう感覚は麻痺していたんだと反省しました。レストランの若いご両親も、二人の幼い子どもを育てている中で、常に必死で接しているからこそ、なかなか客観的にはなれないのだと思います。

黙って親の言う通りに行動する小さな兄妹を見ながら、「そんな風に厳しく言わなくても、おりこうさんな二人はちゃんと御両親の言うことをきいていますよ」と声をかけたいくらいでしたが、それもできず心の中で思いました。周りのちょっとした言葉って大事だと思うのですが、家庭によって正解は違うから他人は口を挟めない・・・。身内が感じて声をかけてあげてほしいな、と願うのでした。こんなことを思うのも、私自身の子育てが終わりに近づいてきたからでしょうね。

(泉さやか)

子育て中の方など

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
  • 子育て 親 子ども
カテゴリ一覧