ファミリーの1歩先には親子スタイル

3年生になりました

 今年は桜の開花が遅かったので、息子の中学校は満開の桜の下で入学式を迎えました。

DSCF6537.JPG


我が家の息子は3年生。
春休み4月初日の部活で顧問の先生と息子のやり取り
先生「3年は向こうのコートで練習!」
息子「先生、3年来てませ~ん」
先生「おまえは何年だ?」
息子「・・・あぁ、そうか」(苦笑)
先生「やっとわかったか」
こんなやり取りがあったそうで、まだ自覚がないのかなと不安にもなりましたが、良い変化もありました。
息子の学校は長期休暇には沢山の課題が出ます。春休みも例外ではなく、この休み中も課題が多く出ていました。今までは休みの終盤になって手をつけ始め、始業式の数日前はほぼ徹夜状態で、なんとか提出すると言うお粗末さでした。しかし、この春休みは初日から課題に取り組んでいたようで、今回は始業式前日に徹夜せずにすみました。勉強をしない子どもの親としては、こんな事でも嬉しいものです。
3年生になったばかりですが、受験までは1年ありません。
男の子は自覚が出てくれば大丈夫とききますが、息子の自覚はいつ出てくるのか、それが受験まで継続するのか気になるところです。
息子の考えを尊重して、よきアドバイザーでありたいと思っているのですが、理想通りにはいかず余計な事を口走ってしまう自分に対しても反省する点があり、親業はまだまだ終わらないと実感しています。

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧