ファミリーの1歩先には親子スタイル

「呼びタメ」OKですか?

フジテレビの『めざましテレビ』で「ヨビタメをする若者が増えている」という話題がありました。ヨビタメ?呼びタメと書きます。


先輩後輩に関係なく呼び捨て、タメ口をきくことだそう。誰に呼びタメするかという質問では「両親に対して」が一番多く、名前にちゃんやさん、君を付ける、続いて呼び捨て、ニックネームという順番。新密度が深まるという理由で呼びタメするのだそうです。

街頭インタビューでは「嬉しい。ついつい甘くなって何か買ってあげたくなる」とか「成長してきたので名前で呼ばれていいかな。親の荷を降ろしてもいいのかな」「親しみ湧きますね、距離感が縮まる」「下の名前で呼ばれることがないので新鮮でよい」などの呼びタメOK派の声が。呼びタメさせている理由のアンケート結果では、対等な関係を築きたい、若く見られたいの、コミュニケーションの円滑化の順となっています。NO派は「ひっぱたきますね。上下関係がなくなるから」「いい感じはしない」。子どもから呼びタメされることをよいと思うか、というアンケートでは、父親・母親ともに80%以上が「いいえ」という回答でした。

私は呼びタメ反対派!でも娘から何と呼ばれているかといいますと、現在は呼びタメはないものの呼称もないという事実!いつまでだったかしら、ママと呼ばれていたのは・・・。ママと呼ぶのが子どもっぽく感じるようになった頃、思春期の始まりの時期だったかもしれません。

「お母さん」だったら、今でもお母さんと呼ばれていたかしら。私は「お母さん」という言葉が好きです。OKASANと声に出すと、いかにも優しげで包容力があってあたたかいお母さんの姿が浮かぶから。それには確かな理由があったのです。黒川伊保子さん提唱の「発音体感」によると『言葉には意味だけではなく別の情報もある』ということ。口の中では、それぞれの音によって異なる摩擦や振動が起こっています。自分が発音した時に得られる感触が語感から得る印象になる、ということなんです。
Oは口の中に閉じた空間ができます。包み込むような感じ。
Kは硬く強い発音で乾いた感じ。短い音でキリッとした厳しさを感じます。
Aのあっけらかんとした開放的な感じが2つも入っていますね。
Sはすっきりして知的な印象。
Nは口を閉じて解放したものを守るような印象。
OKASANからは、強さや厳しさも持ちながら空気のようにそこにいてくれて、包み込みながら鷹揚に構えている母の姿を感じます。
ちなみにMは丸くてやわらかい母性を感じさせる音。MAMAなんてそのものですね。

名前とその人の雰囲気が合っていくように、呼ばれているうちに(音を聞いているうちに)お母さんはお母さんらしくなり、ママはママらしくなっていくということもあると思います。私は呼びタメはされたくありませんが、何とも呼ばれないのも寂しいな。「お母さん」と呼んでくれたら、鷹揚で包容力のあるお母さんになるのですが・・・???

皆さんは「呼びタメ」についてどのように感じますか?

(泉さやか)

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
  • めざましテレビ 呼びタメ 発音体感 黒川伊保子 
[イマどきのOSG, 泉 さやか]
(2012年04月23日 08:06) 個別ページ
カテゴリ一覧