ファミリーの1歩先には親子スタイル

不機嫌な思春期

 不機嫌な思春期は、親が無防備でいると家庭内に伝染します。

 もう、上二人は大人になったので、互いに多少は思いやる余裕もあり、そんなにひどいことにはならないのですが、中学生・高校生の頃は、この不機嫌に悩まされました。皆さんのご家庭ではいかがでしょうか。

 思うようにいかない歯がゆさを、そのまま親に話す等、ストレートにぶつけてくる小学校時代とは違い、親への遠慮も多少あり、内容を相談するにもてらいがある思春期の子供は、わかってほしいサインとして、不機嫌さをぶつけてくる時期があります。

 とってもやっかいなのですが、私はこんなふうに乗り越えました。

「不機嫌を伝染させない」

 思春期の子の不機嫌を、自分に伝らないようにすること。最初は一心同体で、その続きのような幼年期を過ごしたわが子。不機嫌でいると、心配です。何かあったのかなと思う。やつあたりされれば、こちらも機嫌は損なわれる。でも、ここで不機嫌を断ち切っておくと、不思議といつの間にか、子供の不機嫌は解消されているものなんです。

 私はいつも、機嫌よく。愚痴も家ではこぼさない。ストレス解消は、家庭の外で、、が私のモットー。子供の前ではあまり自分の感情の起伏は見せない、、、くらいがちょうどいいようです。そのかわり「ここぞ!」というときは、あえて自分が不機嫌になってみせます。たちまち、子供たちが自分の不機嫌を忘れて心配してきますよ。年に一度くらいしか、使わない切り札ですけど。

 一人親ならではの、対処法かもしれないですけれどもね

 上の子二人はやっかいな時期を通り過ぎたけど、小学5年生の末っ子はこれから。果たしてどんな反抗をしてくるのか、今からちょっと楽しみなのでありました。まだまだ可愛いので、想像できません~(笑)

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
[平戸 京子]
(2012年05月27日 08:05) 個別ページ
カテゴリ一覧