ファミリーの1歩先には親子スタイル

誕生日の贈りもの

もう数十年前の話。誕生日だったか、成人の日だったか、20歳のお祝いに母から18金のネックレスをもらった。一度失くしてしまったが、その後同じようなものを購入し、今でもときどき身につけている。

 さて、先日は二男の20歳の誕生日だった。盛大にお祝いをしてあげなければと思っていたが、昼間は私は仕事だし、息子は夜からアルバイト。「盛大なお祝い」どころか、ケーキやご馳走もままならないまま記念すべき誕生日は過ぎてしまった。1か月前の長男の誕生日のときは、彼女に「盛大に」祝ったもらったらしく、親の出番はナシ。(もう24歳なんだから、当たり前ですよね・・)プレゼントはともかく、誕生日のある週末には本人希望のメニューで食卓を囲んでお祝いをしていた日々が懐かしい。1か月後には娘の18歳の誕生日が控えている。きょうだいのなかで一番要求をしてくる彼女は今から誕生日のプレゼントを思案中のようだ。この子も、やがて彼氏ができれば私の出る幕はなくなってしまうだろう。今のうちに本人のリクエストに応えて希望のプレゼントをあげることにしよう。

(文:山口るみか)

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧