ファミリーの1歩先には親子スタイル

サイン帳、持っていますか?

 今年の初めに小学校のクラス会を開催して以来、メールや手紙で旧友たちと連絡を取り合うようになりました。
すると、最後の給食の時間を録音していたテープや卒業後に行った旅行などが思い出され、遠い記憶が次々と蘇ります。
そして、サイン帳。

 私が小中学校を卒業する時には、お互いにサイン帳を交換してメッセージやイラストなどを書いたものでした。
 今までサイン帳をあらためて見ることはありませんでしたが、押し入れの片付けも兼ねて古い段ボールに入ったままのサイン帳を取り出してみました。

 小学生の時のサイン帳には、流行っていたアニメのキャラクター(キャンディ・キャンディとか釣りキチ三平など)やオリジナルのイラスト、メッセージや自分のPRなどと一緒に「いつまでも友達でいてね」という一言もあり懐かしさがこみ上げます。みんな自分のことを書いているので、それぞれが思い出されました。

 そして中学生の時のサイン帳には、やはりイラストがあるのですが、小学生の頃と違い書いてくれた人の私に対する印象や思い出などが文章で綴られていました。2年間一緒に過ごした同級生(特に男子)はよく見ていて、色々とアドバイスもしてくれていました。どうやら私は、中学3年の時は文集委員で、活発な女子のようでした。
 
また、当時仲の良かった女子とは交換日記もしていて、それも一緒に段ボールに入っていました。こちらは恥ずかしくてページを開く気持ちになれませんが、思春期の想いが沢山詰まっていることでしょう。勇気をもって読んでみるのもいいかもしれません。

 中学生で文集委員を務め、友人と交換日記をしていた私は今、息子の中学で広報委員長を務め、こうしてコラムを書いています。中学生の頃とあまり変わっていない自分を面白く感じました。

(文:木村有希)

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧