ファミリーの1歩先には親子スタイル

親せきのお兄ちゃん、お姉ちゃん

先日、私の両親、我が家4名、弟の家族4名で食事に行きました。

父が家族が集まるのが大好きなので機会を作ってはよく集まります。

現在11歳の甥っ子は、我が家の長男18歳が大好きです。

受験生なのでいつもは参加できないし、思春期特有の無愛想で、何がそんなにいいのかわかりませんが、とにかく長男が参加するとそれだけで甥っ子はうれしいようです。

息子は息子で無愛想ながらもまんざらでもなさそうで、いつもよりはよくしゃべり、なんだかんだと相手になってあげていました。

その甥っ子は幼稚園くらいまでは我が家の娘を女神か何かだと思っていたようで、幼稚園の女の子には目もくれず、理想の女性だと思っていたようです。

姪っ子7歳も幼稚園くらいまでは、長男にまとわりついていて、今は長女が世の中で一番いけてると思っているようです。

想えば、わが子が小さかった時は、私の弟(つまりは甥っ子、姪っ子の父)が大好きで、まとわりついていましたし、弟のお嫁さんは娘にとっては小言を言わない優しいお姉さんで今もテレビの話題など話の合うことがたくさんあるようです。

子供たちが育つ過程で第一は親、その次に祖父母が大きな役割を果たすのでしょうが、一歩離れた位置で、生まれた時から愛情を持ってかかわってくれる叔父や叔母、ちょっと年の離れたいとこ、などという存在はとてもありがたいと思います。

娘が生まれたときに弟がとても喜んでくれて、それからも娘も息子もとてもかわいがってくれ、時にはしかってくれました。

今その恩返しを娘や息子は甥っ子や姪っ子にしているのだろうし、逆に小さい子たちから慕われることでちょっとした責任感も感じているようで、とてもほほえましく思っています。

私の両親はともにそれぞれの両親から離れた土地で住んでいたので、ちょっとうらやましくもあります。

さて、私にとっての甥っ子姪っ子は、責任のないぶんそれはそれはかわいいです。

自分の子がやったら頭から沸騰していたようなことでも、甥っ子姪っ子なら笑って受け止められ、きっと大丈夫だと思えてしまいます。

これから小学校高学年、中学、高校と思春期に突入して、弟夫婦にとっては嵐のような日々がやってくるのでしょうが(すでに時々大嵐がふいているようで)、一歩離れた立場から、また今回は自分の子供たちが一度がっつりとおってきた道なので落ち着いた目で弟夫婦も、甥っ子姪っ子もサポートできるんじゃないかな、と思っています。

人間関係にいろいろ幅があることが、子供たちにとってもちょっとした逃げ場だったり、認めてくれる大人がいる安心感だったりするのでしょうね。

親せきが近くにいない場合は信頼できる友人などに子供にかかわってもらうといいのでしょうね。

 

 

 

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧