ファミリーの1歩先には親子スタイル

中2の夏休み

 我が家の長男長女はもう大学生なのですが、夏休みが来ると毎年、彼らの中2の頃を思いだします。

 反抗期で親の言うことをきかなくなり、行動範囲も広く、付き合いも顕著。親の大きな羽根の下で保護されていた子供時代と違い、大人の階段を踏み出した頃の子どもたちには、本当に手を焼きました。ママ友だちとも「魔の中2の夏休み」なんて言い合ったものです。

 門限やぶりに始まり、親への口答え、学校の宿題を忘れる、友達と電話して夜更かし、いままでしてくれていた家事をしなくなる、などなど。本当に頭が痛かったです。長男と長女では対応も違ったし、その都度戸惑うことばかりでした。その状態は高校受験の頃も続き、さらには高校生になっても続いたのです。親として本当にしんどい時期でした。落ち着いてきたのは、大学受験の頃だったかなぁ。

 今は、言うことを聞かなかったその頃とはうってかわり、私の体調を気遣ったり、末っ子の面倒を積極的に見てくれたり、子らの不穏な行動はなくなっています。特に私が何かをしたわけではなく、自然にそうなっていました。大人になったんでしょうね。

 子どもと向き合い、感情をあらわにし、心から心配して過ごしたあの暑い夏休み。

 いま、そういう時期を過ごしているお母さんも、多いと思います。

 まるで出口のないトンネルのように思える日々でしょう。でも、子どもたちは少しずつ、成長していくのです。そのまま大人になるわけではないのです。叱っても、罰しても、言うことを聞かないときは、少し遠巻きに観て、彼らを信頼してあげるのも手かもしれないです。通り過ぎたから言えるのかもしれないけど、今はそう思います。

 大事なのは、「あなたが大事」ということを、親も態度で示すこと。そうすれば、親の愛情を裏切るようなことは、きっとしないと信じて。

 目は離さずに、でも少し自由もつくってあげる。その範疇は難しいけれど、子どもたちが大人になる大事な過程。親として踏ん張りどころです。どうか、後少し、がんばってくださいね、中2のお母さん!

 ….って、我が家も末っ子はまだ小学5年生。この子はどんな中学生になるのやら(^^;

 

文:平戸京子

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
[平戸 京子]
(2012年08月28日 22:16) 個別ページ
カテゴリ一覧