ファミリーの1歩先には親子スタイル

文化祭に見るスクールカラー

中学高校の文化祭シーズンですね。

受験前、親子でいろんな学校の文化祭めぐりをしたものです。入った学校が、そのときのイメージどおりだったかというとわかりませんが…まあ、生徒の様子、学校の方針などはなんとなく見えてきますよね。

今から思うと、ホスピタリティあふれ、みんな笑顔で挨拶してくれ、外部の客、特に受験生の親子が楽しいと思うような雰囲気のところは、対外的なアピールにより重きをおいているような気がします。

逆に、生徒同士が内輪で盛り上がっていて、部外者は置いておかれていまひとつおもしろくないな、というところは、実は学校の中の子どもたちは楽しんでいるのでは、と後になって思います。

考えてみたら、子どもが中高校生にもなれば、親に見せるために行事をやっているわけではないですものね。もちろん受験生候補に学校の雰囲気をみせる意味もあるでしょうが、彼ら自身が学校生活を楽しんでいることを、ふだんどおりの姿で表す場であればいいのかな、と。

なので、自分の子の文化祭は、多少面白くなくても、要領が悪くても、遠くから眺めるくらいにしようと思っています(笑

(文・神谷巻尾)

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧