ファミリーの1歩先には親子スタイル

受験生、ゆれる思い

我が家の長男、浪人生。

進みたい分野は決まっているようなので、その点では迷いはないようですが、問題は学校選び。

まだまだ甘い考えなので、こちらが選ぶ側だと思っている彼。

去年は反抗期MAXだったこともあり、家から出るのは大前提でその中でもかなり遠くの学校を志望校にしていましたが、ここに来てだいぶトーンが変わってきました。

4人家族姉弟の弟である彼は、ご想像通り、いえそれ以上の甘ったれ、mama’s boy。

ここ数年その裏返しの反抗期をやってきましたが、ちょっと収まりつつある状態。

ただ、振り上げた拳をどうしていいか困っている状態のようです。

それが志望校選びにも現れているようで、我が家から最寄の大学を第一志望にしようとしていた様子。

私は、彼の甘ったれは一度一人で自活しないと直らないと思っているので、最寄の大学に家から通われるのは勘弁してもらいたいと思っています。

そろそろ本格的に志望校を絞る話し合いをした結果、近畿地方で、家からはちょっと通えない、という微妙なところに落ち着いたようです。

彼なりにゆれる思いがあるんだということを、久しぶりにちょっとちゃんと話をした中で、確認できて、ちょっと安心しました。

まだまだオットにはかなり反抗的な態度のままですが、志望分野や志望校を聞いていると、父の存在や認めて尊敬もちゃんとしているようにも感じます。

いずれにしてもセンター試験しだいで志望校は考えなおさないといけなくなるかもしれませんが、春にはいい結果が出るように、応援しようと、改めて思いました。

(武田 りこ)

 

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧