ファミリーの1歩先には親子スタイル

見せたい背中

男性は、会社に入れば自分の将来像となる先輩や偉い方々がいて、そのモデルを踏襲していけばそこそこ偉くなれる。それに比べ、女性はなかなかモデルとすべき人が社内で見当たらず、社外で、もしくは世の中で、モデルとなるべき人を探す。よく女性のロールモデル探しといわれるのはこのことだ。

けれど、最近の若い人に訊くと、男女問わず、「こうなりたい!」という背中がなかなか見つからないという。振り返って自分の若い頃を思い出すと、会社にはすごい人=ああなれたらいいなぁと憧れる先輩がいて、そんな背中を無意識に目の前に置いて会社人生を送ってきたように思う。そんな私たちもいい歳になった今、さて、自分はそんな背中を若い人たちに見せることができているかというと・・・うーん、かなり疑問だ・・・。

 このままじゃいけない。でも今から何をどうやったらいいのだろう。少なくとも彼らの反面教師になるのはいやだ。「こうなりたい!」という人間にはなれなくても、せめて、「これもいいかも!」と思わせるやつになりたい。

 おそらくその第一歩は家庭から。例えば自分の娘にいい背中を見せられているかどうか。

今夜あたり、おそるおそる訊いてみようか。
(文:小林千早都)

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧