ファミリーの1歩先には親子スタイル

親子で行くならスポーツ用品店

最近は中2の娘は部活で忙しくなり、小5の息子も友達と遊んだりと、休日に家族全員がそろってでかける日が少なくなってきました。

子どもが成長していくのは見ていて楽しいですが、成長していけばいくほど、親との関わりが薄くなってしまうのはさみしいもんですね。

 

さて、先日、娘からほしいものがあると言われ、食材の買い物ついでにスポーツ用品店に行きました。

私は昔からテニスをやっていたので、一緒に買いにいくのはなかなか楽しいもんです。こんなラケットが出たんだなと親がウキウキしてしまいました(笑)

 

テニス部である娘は、まったくテニスのことを知らなかったのですが、最近は1年やってきただけあって、テニスに関する知識が増えていました。

 

「新しいラケットがほしい!」

 

お店で娘が言ってましたが、私は「なぜほしいか説明できたら考えてもいいよ」と答えました。

娘の要望を聞いて買ってあげてもいいのですが、新しいラケットに求める理由を説明してもらった方が子どものためになるという考えです。

 

例えば、ラケットの場合だと、

 

「ラケットにヒビが入った」

「今のラケットのデザインが気に入らない」

「もっと軽い方が長時間やってて疲れない」

「ヘッドの方に重心がある方が、力強いサーブが打てる」

 

というような感じでしょうか。

 

欲しいと言っても、現状に不満がある場合や強い相手に勝つために自分にあったラケットがほしい場合など、いろいろ考え方があります。

上達していくとよりいいものを求めたくなるし、専門的な知識も身についてきますので、自分が何で新しいラットがほしいのか考えてみるのもいいんじゃないかと思います。

こういう親子のやりとりで自分でしっかりと考える力や説明する力を身につけてもらいたいですね。

 

親としては、自分の知っていることであればどんどんアドバイスしてあげたいところ。

でも、干渉しすぎずに子どもに考えさせて、足りないところはアドバイスする方が、自分で考え行動する力が備わっていきます。回り道になるかもしれませんが、その回り道もまた経験だと思いますね。

陰ながら応援してるぞ!という気持ちです。うまく環境を整えてあげて、子どもがやりたいことをやれるようにしてあげたいですね。

 

しかし、スポーツ用品店はついついモノを買ってしまいますね。。。

最近はたまにしかテニスをしないのですが、Tシャツやら靴を買いました!これからもっとスポーツしなきゃ(笑)

 

(三尾幸司)

http://ameblo.jp/rakuda-ikumen/

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧