ファミリーの1歩先には親子スタイル

スマホについて思うこと

最近、中学校でもスマホを持っている子が増えてきているようです。

わが家の娘も欲しがっており、今のガラケーをいつスマホに切り替えるかちょっと考えているところです。

 

さて、そんなわが家には、iPad1台、iPhone4台、PC1台とかなりデジタルなものがあります。

子どもたちもそれぞれ使いやすいもの(主にiPadとPCだが)を使って、インターネットをしたり、YouTubeを見たり、ゲームをしたり、各々楽しんでいます。

最近は2歳児もスマホの使い方をわかってきているようで、iPadやiPhoneを指でタップして、自分の好きなアプリを立ちあげて遊んだり、「アンパンマン見たい!」と言って動画の再生を求めてきたりしています。

すっかりスマホっ子です(笑)

 

でも、これからは電子黒板やデジタル教科書など、教育現場がデジタル化していく話もありますし、スマホなど使えて当たり前の世界が来るかもしれません。

スマホのアプリやWeb上には、教育系のアプリも豊富にあり、わが家ではよく活用しています。

育児や教育系のアプリを検索すると、たくさんの数のアプリが出てくるので、スマホを活用した子育てや教育のニーズもあるんでしょうね。

 

ただ、スマホはうまく活用すればいい教材になると思っていますが、正しい使い方やルールを教えておくことは大事なことだと思います

いざ子どもにスマホを与えたときに、ゲームばかりしたり、トラブルに巻き込まれたり、スマホを手放せなくなってしまったりします。

子どもを守るためにフィルタや機能の制限もありますが限界がありますので、最後は使う側である子ども自身のモラルというか考え方が重要になります。

 

以前、テレビで見たのですが、アメリカでiPhoneを子どもに与えるときに、「スマホの18の約束」をいうルールをつけて渡していました。

内容はスマホの使い方のルールだけでなく、子どもへの教育や愛情も伝わってくるものでした。

ご興味ある方は、面倒かもしれませんが検索してみてくださいね。

 

(三尾幸司)

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧