ファミリーの1歩先には親子スタイル

『ママ、言わないで!子どもが自信を失う言葉66』

 娘の大学生活も約半年過ぎました。経営学部の授業がたまらなく楽しいらしく、いろいろなことを吸収していく娘は、どんどん、たくましくなっていくようです。いつも忙しく、とにかく時間がないという娘と、たまにゆっくり話す時間はとても楽しい。

先日は「たとえば揚がっているポテトが無くなってしまった場合、お客様にどう言ったらいいか知ってる?もうすぐ揚がりますので少々お待ち下さいと言うより、出来たてを召し上がっていただきたいので少々お待ち下さい、という方が印象がいいでしょ」という話をしてくれました。本当ね!同じことを言うのでも表現を変えるだけで、印象がぜんぜん違うものですね。

そこで思い出したのは、知人の曽田照子さんの本『ママ、言わないで!子どもが自信を失う言葉66』
出版されたばかりで、まだ全部読んでいなかったのですが、一気に読んでみました。

66の言葉とは『バカじゃないの?』『泣くな!』『普通にできないの?』などなど。子どもが自信を失うどころじゃなく、大人だってへこんじゃう言葉が並んでいます。でもママは、子どものことを思うからこそ、こうした言葉をつい言ってしまうんです。そこで言い方を変えてみると・・・あら不思議!子どもが自信をつけて、ぐんぐん伸びる魔法の言葉となるんですね。

たとえば『「やればできるんだから」というのは、よく使われる「励まし」だけど、実は取扱い注意の危険な言葉。「がんばってるね」という言葉にチェンジ』。
「やればできる」と言う言葉がプレッシャーをかけてしまうこともあるんですねー。言葉にするより心に秘めて信じ続けてあげた方がいいこともあるのだそう。

小さい子どもだけでなく、思春期のお子さんを持つママにもぜひ読んで欲しいと思いました。思春期って、親の一言一言に結構敏感な時代ですから。最大の注意を払って言葉を選んで会話すべきだと私は思っています。

また子どもが自信を失う言葉というのは、誰に対しても言っちゃいけない言葉でもありますね。円滑なコミュニケーションのために、言葉って本当に大事だとあらためて感じています。

(泉さやか)

※当サイトのコラムはスタッフ個々の私的な見解及び文責にて公開されております。
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧