ファミリーの1歩先には親子スタイル

親子スタイル井戸端会議

賢い消費者になりませんか?

偽造、偽装・・・そりゃ詐欺でしょ!という事柄が次々と表沙汰になる2013年下期。実は、業界の中ではそんなの常識なのに・・・というものもたくさん含まれているけれど、一般消費者、すなわち、外から見れば、許しがたいものも多そう。

 さて、こういう報道を見て、一喜一憂しているアナタ。

いいんですか、それで?

一緒にもぐらたたきしていて楽しいですか?

日ごろの欲求不満をそんなところにぶつけていませんか?

 

それよりちょっと賢くなりませんか?

 

だいたいね、形容詞がいっぱいついているものは「怪しい」とか、

妙に価格が安いのはいくらなんでも「変だ」とか、

とにかく、何かおかしいな、と思ったらちょっと疑ってみるとか、

・・・そういう嗅覚というか感覚をひとりひとりがちゃんと持つことが大事じゃないかと。

 

いや、偽ることを肯定しているわけじゃないですよ。

ただ、いちいちめくじらを立てて改善を要求するよりも、みんなでソッポを向いちゃうほうが簡単で、実は改善に効果があったりするんです。

健康被害を及ぼすほどの偽りは例外だけど、基本、もっと、自衛すればいいんじゃないかなと。

 

「だまされたあんたも悪いと風が言い (よみ人知らず)」

 

賢い消費者になりませんか?信頼できるのは、まず自分だから。

そうして、地道に正直にきちんとしたものをきちんとした形で提供している個人や団体・企業がきちんと評価されれますように。

(文:小林千早都)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

静かな家になりました

高校生になった息子に対して、大きな声で怒ることが少なくなりました。
また大勢友人が来てワイワイと遊ぶこともなくなりました。
そのため家の中が静かになり、逆にご近所の様子が聞こえてきます。
幼い兄弟が仲良く遊ぶ声や喧嘩してどちらかが泣いている声、お母さんの怒っている声、友達をよんで遊んでいる声などなど。
そう言うのを聞いていると、今までうちがどれほどご近所に迷惑をかけていたかを思い起こし、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
息子も外から聞こえる会話を耳にしたらしく、「いや~、お母さんは大変だねぇ。外食に行くって言うのに子どもがおもちゃ持って行くって騒いでいて、お母さんキレちゃったよ~」とニヤニヤ。
うちでも大勢友達が来て、大きな声で笑ったり騒いだりしていた時は、その声が近所に聞こえていたことでしょう。ほんの数年前のことですが、すでに懐かしく思えます。
うちの場合はほんの数年前のことなので、懐かしく微笑ましく思えるのですが、もちろん好ましく思っていない方もいらしたでしょう。
苦情も言わず見守ってくれていたご近所に対して、ありがたく感じました。そして、今は見守る側になりつつあります。
子どもの成長にしたがって、ご近所との関わり方も変わってくるものですね。
この頃は、聞こえてくる幼い子の笑う声や泣き声に癒され、おばあちゃんになったようです。

木村有希

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

夏休みの部活

全国的に猛暑の今年の夏、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

高校生の息子は、ほぼ毎日部活に通っております。この暑さの中、おもに午前中に練習しています。
夏休み前から徐々に日焼けしていましたが、今は更に黒くしかもまだらになっています。
顔はキャップとメガネのせいで顔の上半分は日焼けが薄くなっていて、腕も二の腕の半ばで色が変わり、足首はくっきりと色が分かれて、まるでスパッツをはいているかのよう。おしゃれに無関心なので、本人は全く気にしていませんが。

7月の終わりには3泊4日で山中湖合宿に行ってきました。
初めての合宿。行く前はとても緊張していたようで、前日の夜は眠れなかったようです。
しかし、帰ってきた息子は1日中テニス漬けの生活を満喫したようで何度も「楽しかった」と言っていました。
合宿中は、自分の強化しなければいけない点を見つけることができたこと、同学年だけでなく先輩方とも仲良く話をすることができるようになったこと。校内トーナメント戦もあり、審判の練習もあり、充実した合宿だったようです。

夜は遅くまで友人とゲームをしたり、おしゃべりをしたり(この時点でルール違反)、部屋を出て自販機に飲み物を買いに出たり(先生に見つかったら大変なことに)や、自分達で洗濯機を回して干してと生活面でも勉強してきたようです。
「合宿楽しかったな~、来年も楽しみだな~」と早くも来年のことまで言う始末。

合宿から戻ってからは、部活に持って行った水筒を自分で洗っておくなど、ほんのちょっぴりですが自主性も出てきて助かっています。

ニュースでは部活中に熱中症で倒れる報道がされているので、心配ではありますが部活に没頭している姿はまさに青春だな~と微笑ましく思います。

(木村 有希)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

運動会と体育祭

高校生活にも慣れてきた様子の息子。
先月末に体育祭がありました。
つい「運動会」と言ってしまい、息子から「違う。体育祭」と息子に訂正されてしまいました。プログラムを見ると、中学までと変わらない種目ばかり。
「体育祭」と「運動会」ってどう違うの?

保護者の参観OKでしたので、当日行ってみて違いがわかりました。

普段はメイクや髪をいじるのは禁止されているのですが、この日は禁止されていないようで、男子の髪型はかっこよくスタイリングされていて、女子は髪の毛もアイメイクもバッチリきめています。(男女とも1年生はまだ素なので、すぐわかります)
どんな時もおしゃれが大事なお年頃。でも、競技が始まるとキレイにまとめた髪もメイクも乱れるのも構わず全力で走っていて、見ていて気持ちよかったです。

驚いたのは、騎馬戦。
一対一の戦い(一騎討ち)で、相手の騎馬が崩れるまで戦っていました。
よく見ると騎手だけでなく、騎馬役も相手の騎馬に肩を入れて崩そうとしていて、かなりの迫力。
鉢巻を取り合うだけの騎馬戦とは一味違っていました。

競技の合間に、まとまって写真を撮っていたり、自由に伸び伸びと楽しんでいました。

運動会は、事前に何時間も練習してその成果を保護者達にみせるものだけど、体育祭は自分達が企画・実行して、自分達が楽しむ祭りなのですね。
体育祭を見ていたら、自分の高校時代が懐かしく思い出されました。
いいね、高校生。秋の文化祭も楽しみです。

(木村 有希)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

春はぎっくり腰にご用心

春は気温の差が激しく、生活環境が変わることもあり、心身にストレスがたまるそうです。そのため、春はぎっくり腰になる人が多いそうです。

実は私もその一人。息子の卒業式、3日前の朝にやってしまったのです。
それでも卒業式に行きたい一心で治療に通い、義母から杖を借り、卒業式に臨みました。
杖をつきながらぎこちなく歩く私に、優しいママ友は荷物を持ってくれたり、席をとっておいてくれたりとお世話になりました。口の悪い友人からは「杖ついてる姿、似合わないよ~」と笑われ、先生方にも驚かれてしまいました。
2年間PTAの広報委員長として活動し、私自身も卒業するような感じでいたので、卒業式は泣いてしまうかもしれないと思っていたのですが、実際は痛みに耐えていたので感傷的にならずにすみました。

毎日治療に通い、春休み中だった息子に家事を助けられ、高校の入学式には痛みもなく出席できました。

事務のパートで長時間パソコンを使って仕事をしていたため、自分で思っている以上に姿勢が悪くなっていたようです。
接骨院の先生曰く、年齢とともに筋力も低下していきます。お肌だけじゃなく、筋力もアンチエイジングを心がけましょう。

(木村 有希)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧