ファミリーの1歩先には親子スタイル

母×娘の親子関係

『ママ、言わないで!子どもが自信を失う言葉66』

 娘の大学生活も約半年過ぎました。経営学部の授業がたまらなく楽しいらしく、いろいろなことを吸収していく娘は、どんどん、たくましくなっていくようです。いつも忙しく、とにかく時間がないという娘と、たまにゆっくり話す時間はとても楽しい。

先日は「たとえば揚がっているポテトが無くなってしまった場合、お客様にどう言ったらいいか知ってる?もうすぐ揚がりますので少々お待ち下さいと言うより、出来たてを召し上がっていただきたいので少々お待ち下さい、という方が印象がいいでしょ」という話をしてくれました。本当ね!同じことを言うのでも表現を変えるだけで、印象がぜんぜん違うものですね。

そこで思い出したのは、知人の曽田照子さんの本『ママ、言わないで!子どもが自信を失う言葉66』
出版されたばかりで、まだ全部読んでいなかったのですが、一気に読んでみました。

66の言葉とは『バカじゃないの?』『泣くな!』『普通にできないの?』などなど。子どもが自信を失うどころじゃなく、大人だってへこんじゃう言葉が並んでいます。でもママは、子どものことを思うからこそ、こうした言葉をつい言ってしまうんです。そこで言い方を変えてみると・・・あら不思議!子どもが自信をつけて、ぐんぐん伸びる魔法の言葉となるんですね。

たとえば『「やればできるんだから」というのは、よく使われる「励まし」だけど、実は取扱い注意の危険な言葉。「がんばってるね」という言葉にチェンジ』。
「やればできる」と言う言葉がプレッシャーをかけてしまうこともあるんですねー。言葉にするより心に秘めて信じ続けてあげた方がいいこともあるのだそう。

小さい子どもだけでなく、思春期のお子さんを持つママにもぜひ読んで欲しいと思いました。思春期って、親の一言一言に結構敏感な時代ですから。最大の注意を払って言葉を選んで会話すべきだと私は思っています。

また子どもが自信を失う言葉というのは、誰に対しても言っちゃいけない言葉でもありますね。円滑なコミュニケーションのために、言葉って本当に大事だとあらためて感じています。

(泉さやか)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

娘が結婚しました

親子スタイルをはじめた当初は大学生だった娘が5月に結婚(入籍)しました。
以前から同棲していたし、結婚式もまだなので実感がわきにくいのですが、あっさり苗字が変わってしまった感じです。
娘とはSkypeでよく話をします。家も近いので2-3週間に1度くらいは会っている感じです。
娘の相手とは実は前からの知り合いで、娘より先に知っていましたので、どちらかというと義理の息子というよりは今だに友達のような感覚です。
でも優しい良い人に出会えてよかったと思います。
11月には沖縄で結婚式をするので、その時にはさすがに娘が巣立つ日としての実感を持てるのではないかと思います。

結婚式というとたぶん世間では親の一大行事のような感じですが、私は自分が地味婚で親にもあまり世話にならなかったので、娘たちも自分たちで考えて行うことならどういう形でもいいと思っています。
とはいえ、娘のウエディング姿を見るのはやっぱり楽しみです。私は結婚式のときにこの娘がお腹にいたのでドレスではなく和装でしたが、あとからやっぱりドレスを着ておけばよかったと思いましたから。

きっと結婚して子育てしてまたいろいろ娘も変わってくると思います。
私自身、結婚前の仕事と、子育て中の仕事と子供が大きくなってきてからの仕事と、子育て後の仕事が様々変わってきました。
子供の成長の過程で私自身考え方も大きく変わりました。
むしろ学生時代、独身時代より、結婚後のほうが自分の自己実現をより考えるようになったと思います。
娘もきっとここからが本番でしょう。
家族を持って社会的にも責任を持って、これから娘がどう変わっていくかそちらのほうが楽しみです。
夫婦で成長していけるような家庭を築いてほしいですね。

文:大橋ゆり

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

娘たちの巣立ちに思うこと

下の娘の卒業作品展も終わり、あとは卒業式を待つばかりでいよいよ学生生活も終わりです。
これでようやく私も子育て卒業させてもらいます。その心の準備もやっとできました。

今の率直な気持ちは、とにかく必死でなんとかかんとかやりとおせて良かった・・・というのに尽きます。
私たち夫婦はどちらも決して安定した仕事とは言えないので、娘たちの夢を応援し支援し続けることができるか常に心配はしていました。それでもなんとか頑張って、贅沢こそさせられませんでしたが、娘たちはそれなりに充実した学生生活を送ったのではないかと思います。

上の娘は中学から美術系に進み、大学からはIT系にシフトし、IT系大手会社に就職し、そこから自分のもっとも好きなジュエリーの会社に転職しました、そしてよい人に巡り合い今年結婚予定です。近くに住むので今後もなにかと協力していくのでしょう。

下の娘は、バトン部やダンスなど好きなことを思いっきりやり、大学3年時はニューヨークに留学し英会話には困らなくなりました。就職先はTV制作会社でいわゆるADとしてこれから激務が待っています。自宅から通うので食と住に関してはもうしばらくサポートするようになります。でも数年の内には独立してもらいたいと思っています。

私は娘たちの巣立ちを待ち望む一方でとても恐れていた部分もあり、3年くらい前から今後どうやって過ごしていこうか悩んでいました。きっと子供が巣立つ頃の多くの母親に共通な感覚だと思いますが、ぽっかり穴が開いて気力もなくなるのが怖かったのです。その結果ホストファミリーをはじめました。常に世界からゲストが来て、一定期間でも親がわりをして共に食卓を囲む状況を作ることは自分にとって必要なことでした。
またこのころから夫婦の関係性も考えはじめました。長い間娘たちとばかり過ごし会話してきたので、これからの長い老後夫とどう向かい合っていいのかわからなくなってしまったのです。このままではやはり良くないと考えて先日銀婚式旅行を企画して行ってきた次第です。久しぶりの夫婦の旅行から糸口が見えた部分もあって行ってよかったなと思っています。
実際には娘たちが今すぐどこかに行ってしまうわけではなく生活上はこれまでとあまり変わりませんが、数年かけて心の準備をしてきたことは今後のステージ(第3ステージと呼んでます)を考える上でとても意味があったと思っています。

子育て卒業と言っても気持ちの上の区切りで、娘たちが仕事で頑張ること、結婚、出産 どれをとってもとても楽しみでずっと一番近くで見守って応援して行きたいと思っています。今後はそれぞれが自立して対等な大人の関係で仲良くやっていけたらいいなと思っています。 
そして私自身の第3ステージはどんな形で展開していくか今からとても楽しみです。
ちょうど今年50歳、じっくりと今後のことを考えていこうと思っています。

文:大橋ゆり

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

就活現在進行中

大学3回生の娘の就活が今まさに進行中です。

時代も違うし、何より分野が全く違っているので、私も夫もまともに就活したことがないので、見ること聞くこと初めての事だらけです。

今年度から、就活の開始が少し遅くなったらしく(そんなことも知らない頼りない親ですが)、そのほうがいいじゃない、と思っていましたが、そのせいでスケジュール的にはたいへんなんだそう。

就活から帰ってきた娘にあれこれはなしを聞いては「へぇ~」を連発中です。

就活に詳しい方には当たり前のことばかりかとは思いますが、わたしが「へぇ」と思ったことをいくつか。

○女子会形式の説明会が結構ある。

その会社に勤める女性社員の生の声を、座談会形式で女子ばかりで聞いて質問する形式のようです。

同じ会社に勤める女性社員の方でも20代後半の方と40台半ばの方では、全く逆のご意見だったりするそうで、一口に女性が働く、といっても様々らしく、いろいろ参考になるみたいです。

○業界によって、時期が違う。

○○業界はもう内定くらいの段階だけど、○○業界はまだ一般的な説明会の状態でエントリーシートの受付もまだ、とか短くなったという就活期間の中でも様々なんですね。

みんないったいどうやって情報を収集しているのか、すごいですね。

こんなことで就活って大変、なんて思っていては笑われてしまうのでしょうか。

○企業説明会に行くといっても、ある程度名前の知れた企業しかよくわからない。

大人だって自分と直接かかわりのある業界でなければ、中小の会社の情報は知らないのは仕方のないこと、ましてや社会経験のない学生さんが、規模は大きくないけどがんぱっていたり将来性のある会社を見つけるのはやっぱり至難の業ですね。

もう少しすると中小企業の合同説明会なんかもあるらしいですが、それぞれの学生さんとがんばっている会社がうまくマッチするといいな、と他人事のように願ったりしています。

○エントリーシートって何?

Webテストとか、エントリーシートとかというものがある、とは聞いていましたが。

エントリーシートも様々なんですね。簡単なものから書くのにかなり時間とパワーがいるものまで。

また、履歴書っぽいものからかなり自由なものまで。

提出方法も様々なんですね。インターネット提出、郵送、説明会に持参。

聞いてるだけで大変そうです。

○学生の就活セミナーがある

先輩が後輩に、という形式もあれば、現役学生が自分たちで、というのもあるそう。

ただ、あまりに早くから気合が入りすぎていた人の中には、すでに燃え尽きてしまって今になって留学するとか大方向転換を図る人もいるようです。

貴重な大学時代、勉強や大学生活も大切なはず。

就活に振り回されず、でもきっちりとと思うのは贅沢なのでしょうか。

親掛かりで就活している話もあちこちで聞きますが、我が家では、「このエントリーシート郵送で明日必着やった。郵便局行って出しておいて。」と頼まれて郵便局に走る程度しかお手伝いできませんが、自分の力でやってこその就活だと思っているので、これからも就活あれやこれやの娘の話を楽しみながら、がんばれ~と気持ちだけは応援していこうと思います。

(by 武田 りこ)

 

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

大きくなったら楽なのか

「お子さん、もう小学校高学年なんでしょ?だったら、かなり楽になったんじゃない?」

小学校に上がったときからよく言われるせりふですが、はたして、ほんとうに、

「子どもが大きくなったら楽」

なのでしょうか?子どもどころか、結婚もしていない人に限って、上記のせりふを吐く傾向があるのはなぜでしょうか?

私は産後6ヶ月から社会復帰しています。ワーキングマザーなんてかっこいい言葉は恐れ多くて使えません。
シングルマザーの友人に、
「理想や自己実現のためにではなく、子どもと食べていくために働いている私から見れば、稼ぎのあるだんながいるのに、ワーキングマザーとか名乗る人って、なにって感じ」
と言われたこともありますが、実際、収入があれば支出も増える、ではないですが、旦那様のお給料でやりくりできないから、自分のために使うお金だけ稼いで、家族に迷惑かけてるなー、と自戒することばかり、というのがいちばんの理由です。

子どもが保育所に行っている間は、周りは事情はそれぞれにしても、働いているか介護しているかというママばかりだったので、それほど思いませんでしたが、地元公立小学校に息子が通い出し、専業主婦のママ友が増えるにつれ、旦那様のお給料だけでも、やりくりが上手なら、充分おしゃれもできるし、子どもの習い事もできるし、自分の趣味や習い事もできるんだなあ、ということを思い知り、わが身のだらしなさに恥じ入ることが多くなりました。

更にPTA活動に参加する内、色々な家庭の事情や状況がある中で、大勢のママさんをまとめて活動を行っておられる、歴代の各リーダーさんたちにも出会い、彼女たちの素晴らしいコミュニケーション能力、マネージメント能力、カリスマ性を目の当たりにし、己の能力の無さを痛感しました。まさしく、世が求める人材の宝庫です。
そこに目をつけ、ご近所の奥様方をパートタイムで雇用し、その優れた能力を活かしてもらう企業も出てきてはいますが、大きな問題があります。

それは他でもない、「もう大きくなった」お子様です。

帰宅して親がいない、というのは、小さい子どもより、大きい子どもの方が問題です。
寂しがって落ち込むのはまだいい方で、中途半端に独立心と反抗心のあるこの時期、親の留守は千載一遇のチャンスです。、
たまり場と化してゲーム大会、友だちと繁華街やカラオケへ、から、彼氏彼女を連れ込んで・・・は、あっというまです。
そうなると、ママは確実に帰宅時間には家にいる仕事しか選べない、または辞めざるを得ない、これから学費がかかるのに・・・という話を、私が子ども時代から聞いていましたが、これだけ年月たっても、同じ問題はあるようです。

息子が幼い頃から働いていた私でも、なんでも親の自由だった小さい頃と違い、思春期を迎えた友人たちに囲まれ、自分自身の世界を築きつつある今の方が、ここでは書けない色々な問題が続出し、まともに働くのが難しい状態です。

ワークシェアリング、などという言葉がありつつも、なかなか実現できないのは、こういった難しい問題を母親たちに負わせながら、「大きい子どもは楽」という、根拠のない考えを持つ、まだ親になっていない、もしくは奥さんに任せきりの人間が社会の中心にいるからでしょう。
中学生の職業体験も良いですが、大学生や社会人の親体験、PTA体験というのはどうでしょうか?冗談ではなく、実際に母親たちが抱えるジレンマを体験してはじめて、独り立ちへ、共存社会へとつながるのではないか、と思うのです。

 

(文:平野だい)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧