ファミリーの1歩先には親子スタイル

お勧めの本

『ママ、言わないで!子どもが自信を失う言葉66』

 娘の大学生活も約半年過ぎました。経営学部の授業がたまらなく楽しいらしく、いろいろなことを吸収していく娘は、どんどん、たくましくなっていくようです。いつも忙しく、とにかく時間がないという娘と、たまにゆっくり話す時間はとても楽しい。

先日は「たとえば揚がっているポテトが無くなってしまった場合、お客様にどう言ったらいいか知ってる?もうすぐ揚がりますので少々お待ち下さいと言うより、出来たてを召し上がっていただきたいので少々お待ち下さい、という方が印象がいいでしょ」という話をしてくれました。本当ね!同じことを言うのでも表現を変えるだけで、印象がぜんぜん違うものですね。

そこで思い出したのは、知人の曽田照子さんの本『ママ、言わないで!子どもが自信を失う言葉66』
出版されたばかりで、まだ全部読んでいなかったのですが、一気に読んでみました。

66の言葉とは『バカじゃないの?』『泣くな!』『普通にできないの?』などなど。子どもが自信を失うどころじゃなく、大人だってへこんじゃう言葉が並んでいます。でもママは、子どものことを思うからこそ、こうした言葉をつい言ってしまうんです。そこで言い方を変えてみると・・・あら不思議!子どもが自信をつけて、ぐんぐん伸びる魔法の言葉となるんですね。

たとえば『「やればできるんだから」というのは、よく使われる「励まし」だけど、実は取扱い注意の危険な言葉。「がんばってるね」という言葉にチェンジ』。
「やればできる」と言う言葉がプレッシャーをかけてしまうこともあるんですねー。言葉にするより心に秘めて信じ続けてあげた方がいいこともあるのだそう。

小さい子どもだけでなく、思春期のお子さんを持つママにもぜひ読んで欲しいと思いました。思春期って、親の一言一言に結構敏感な時代ですから。最大の注意を払って言葉を選んで会話すべきだと私は思っています。

また子どもが自信を失う言葉というのは、誰に対しても言っちゃいけない言葉でもありますね。円滑なコミュニケーションのために、言葉って本当に大事だとあらためて感じています。

(泉さやか)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

親が知らない子どもの本

親子スタイル経由で、こんなタイトルの取材を受けることになりました。 子どもが実際どんな本を読んでいるか知りたい、特にライトノベルで、とのことで、 早速ラノベにはまっていた息子にインタビュー。 今は読んでないから最近のは知らん、といいながら出てきたタイトルがこれらですが。。。

ソードオンライン
のぶな
デュラララ
バカテス
化物語
俺妹
生徒会

わかりますか?

確かに親は知らない本かも。 私は半分くらい読みましたが、さすがに売れてるだけあって結構面白かったです。これを機に未読作品にも手を出してみようかな?以下にリンクしましたので、興味ある方はどうぞ!

ソードアート・オンライン

織田信奈の野望

デュラララ!!

バカとテストと召喚獣

化物語

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

生徒会の一存

(文・神谷巻尾)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

わが子の気持ちがわからない

「「わが子」の気持ちが分からない!(長谷川博一)」を読んでみました。いろいろ考えさせられる内容がたくさんありました。

子どもが何を考えているのかわからない、そんな思春期の子どもとうまくつきあい、子どものことを理解し、幸せな子育てを実現できる本だと思います。

本のタイトルである「子どもの気持ちがわからない」というのは、子どもの自己解決能力への信頼の欠如が1つの原因にあるとのこと。それは、さらに親自身の自信のなさが原因であり、親が子供の頃に信頼されなかったからだそうです。

他にも興味深い話がたくさんあったのですが、特に私が興味を持ったポイントを整理してみました。

 

1.思春期とは
思春期にはそれまでの育ちの方向性が出てきます。特に家庭でいろんなことを我慢してた子どもは、その気持ちを親にぶつけてきたり、反抗したりすることが多いようです。

本書に「しつけ ⇒ おしつけ ⇒ つけ」というキーワードがありました。厳しい「しつけ」を子どもに「おしつけて」、将来の「つけ」にならないようにとありました。

ただ、この時期に悪いことがあっても、親が軌道修正して新たな道を見つけるチャンスですので、遅すぎることはないです。この時期は、子どもは「大人は汚い」とか「ずるい」と考えていることが多いというデータがあります。ですので、子どもには大人に本心が伝わるということを教えてあげることが大事です。

そのためには、子どもを変えるのではなく、親が変わらないといけないんですね。子どもに対して、決めつけて話をする前に理由や言い分、気持ちを聞いてあげること大事です。反抗は子どもの訴えであり、切り捨てず大切に扱うこと。その大人への反抗的な気持ちを理解してあげることですね。

 

2.子どもへの信頼
子供は思春期には、親の元から自分の仲間との居場所に移っていく過渡期に入ります。この仲間との居場所は親は侵入しないことです。親への秘密・拒絶は自立へのあゆみになりますので、そこはそっとしておいてあげるとよいです。

ただ、私もそうですが、なかなかほっておくのは難しいですよね。

本書では、子供に対する信頼がないからほっとけないとありました。子供を信頼してあげることが大事です。私も少し子どもを信頼して、ある程度は放任しておこうと思っています。(ほったらかしじゃないですよ!)

 

3.親が自分を大切にする
子育てに力を入れすぎている人にありがちなのが、自分のことを犠牲にして子どものために頑張っている親です。

親が自分を大切にして、自分のやりたいことをやって、笑顔で幸せでいることは大事です。子どもは自分のことで親が苦労しているのは辛いと思っているので、いくら子どものためとはいえ、自分が犠牲になるのはよくないですね。

子どものために頑張ることがやりたいことなんだと、それを楽しみながらできるのであればよいです。それは自己犠牲ではなく、やりたいことができてますからね。ただ、子どもに負担を感じさせないような配慮は必要かもしれません。

 

4.逆説的しつけ
思春期の子どもに対して、なんとかしたいと思っているパパママには、対応方法として「逆説的しつけ」をご紹介したいと思います。

この方法は、子どもが反抗的な態度をとるなら対応を思い切ってガラリと変えてしまいます。そうすると何らかの変化が起きるようです。

例えば、今までは「勉強しなさい」と言っていたことを、「勉強しなくていいよ。むしろ友達と遊んでおいで」というように態度を180度変えてしまうのです。ほかにも「無理に勉強しなくていいよ。自分のペースでやってくれればいい。」という話をしたり、「元気に健康で育ってくれればいい。」という態度で話をすればいいですよね。

子どもは大切にされていると感じるので、反抗的な態度が和らいでいきます。

1つの方法として、私も困ったときは実践してみようと思いました。

 (三尾幸司)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

人生はママ業だけじゃない

映画「アイ・アム・サム」で、知的障害を持つサムがスターバックスで働くのを見たことがある方はおられるだろうか?私は実際に近所のスターバックスで、障害を持っているらしい方が働いているのを見て感動したことがある。
私には先天性聴覚障害を持つ従弟がおり、彼が幼少期から訓練の末に一般人と変わらず生活をしている苦労を知っているので、ちょっと他人事とは思えなかったせいもあるだろう。

しかし、最近は、もっと私を感動させてくれる人たちがいる。

私の周りだけでなく、この国には、かなりの高学歴や高い能力を持ちながら、妊娠・出産・夫の転勤などで自身のキャリアを犠牲にし、社会復帰をしようとしたら、自分よりもはるかに能力の低い、若い正社員のもとで、非正規雇用で働かざるを得ない女性が多くいると思う。
それを当然のように受け止め、子どもの学費のため、家のローン返済のため、「どうせパートのおばちゃんだから」と自嘲気味に呟いたり、仕事に誇りを持てない人は少なくないだろう。

私のママ仲間にチャレンジャーが現れた。彼女は紅茶専門店の求人広告を見て、
「子どももだいぶ手が離れたし、大好きな紅茶で、第二の人生に挑戦してみたい!」
と奮起し、厳しい研修や試験を通り、とうとう店頭で微笑むことに成功した。
彼女は私より年上でありながら、若々しく、可憐な人である。
彼女の天真爛漫な性格は二人のお嬢さんにも受け継がれていて、彼女たちがいるだけで、その場はふんわりと暖かで、華やかな雰囲気になる。
この魅力的なお嬢さん二人は、ママの試験勉強にも協力的だったそうで、上のお嬢さんなどは、ママの試験勉強につきあう内、商品について、ママ以上に詳しくなってしまったそうで、数年後には親子で店頭に立つ日もあるかもしれない。

彼女のお友だちには、彼女のように、
「第二の人生を頑張る!」
と、資格勉強を始めたりする方が少なくないらしい。子どもはいつか離れて社会に出る。だからこそ、自分も社会に出て、なにができるかを試してみたい、そう思われる方が増えてきたようである。

もう若くない、おばさんだから、もうキャリアなんてない・・・そう思って、下を向いているママさん、ぜひ近所のカフェに行ってみてはいかがだろう。そこにはあなたたちと同じような「おばさん」が、夢をあきらめず、自分を信じて、輝きながら、あなたに美味しい一杯のお茶を手渡してくれるかもしれない。
人生はいつだって、挑戦しがいのあるものなのよ、と、彼女たちは美しい笑顔で実証しているのだ。

(文・イラスト:平野だい)

 

(文・イラスト:平野だい)

 

英語もかなりわかりやすので原書でもどうぞ。

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

夏休み読書つながり

だいさんが2回にわたって「夏休み読書コミュニケーション」をアップされていたので、読書つながりです。

子どもが中高生になり、本について話したり、勧めた本を読むということもめっきり減りましたが、それぞれ「これはいい!」というものをなんとなく話題にするようなこともたまにあります。

例えば息子はラノベ専門で、女子チームには入り込めない世界のものも多いですが、これはいいんじゃない?と言っていたのが『織田信奈の野望』。いわゆる男女転換ものですが、キャラクター込みで相当人気らしいですね。私はちょっと挫折しましたが、娘にはウケてたようです。

ラノベも多過ぎて選べないのですが、わりと大人受けしてるのが『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ。鎌倉舞台、古書店、美しい女店主・栞子さんの謎解き、と確かに本好きに受けそうな設定。大人に、あと中学生くらいには安心して読めるという印象ですが、若者にはそんなにピンと来ないようでした。

逆に、自分が読んでこれはどうかな、と思ったけど意外と娘にはまったのが、川上弘美『神様2011』。東日本大震災が小学6年の卒業目前で、自分たちの区切りの時期が、大きな社会現象のなかに埋もれてしまったということがあるからか、今ひとつ震災を身近なものとして受け止めてられていない印象がありましたが、この本で、日常が変わってしまったことを少し実感できたのではないかな、と感じました。

今年は子どもたちがアルバイトや海外ホームステイでいなかったので、自分も長い夏休み感覚で読書をしたので、それも後日追加します! (文・神谷巻尾)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧