ファミリーの1歩先には親子スタイル

お勧めの漫画・雑誌

12

ナデシコの武士道

草食系男子などという人種が現れる一方で、昨今の女子の活躍たるや、めざましいものがある。
我が愛する地元サッカーチームのジェフも、トップはとうとう二部落ちというていたらくでありながら、女子は一部に上がり、健闘している。
息子がジェフのスクールに通っており、ユースやジュニアユースのおにいちゃん・おねえちゃんたちと練習場で一緒になったり、たまに練習に参加していただくことがあるのだが、サッカー選手より、モデルになった方が・・・?という美少年や柔らかなルックスが多い男子に比べ、闘志剥き出しで筋トレに励む女子の方が、なぜか迫力があるのも、今の時代を象徴しているような気がしてならない。

サムライの魂である武士道も、どうやらナデシコの時代になりつつあるようで、少女期に親しみ、今は息子も修行しているとはいえ、地味で、きつくて、くさい剣道が、まさか人気美少女アニメや、若手女優主演映画のテーマになる日が来るとは、さすがに想像できなかった。

(さらに…)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

食事時にテレビはついていますか、それとも消していますか?

「食事の時は、テレビを消しましょう」というのは、子育て中によくいわれるフレーズです。
うちでも子供が小学校低学年くらいまでは、きっちり守っていました。平日の夜7時から8時に子供が見たい番組が毎日あるため、それまでに夕食を済ませてテレビを見ていました。
しかし、学年が上がるにつれ習い事などで帰宅時間が遅くなり、私の仕事などもあって夕食の始まりが遅くなり「食事の時は、テレビを消しましょう」を守ることが難しくなってきました。
そのため、この頃は食事中のテレビを黙認しています。
というよりも、一緒に楽しむようになってしまいました。

(さらに…)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

江戸東京博物館で「手塚治虫展」開催中!

息子と二人で、両国にある江戸東京博物館に行ってきました。
お目当ては、「手塚治虫展」。
息子は、テレビで放送中の「ジャングル大帝」を見て興味をもち、行く事となりました。

江戸東京博物館は、今回が初めて。すごく大きな建物です。
国技館のすぐ隣なので、博物館の周囲ではお相撲さんをよく見かけました。

博物館の敷地の中には、鷹を片手にした徳川家康公の銅像があり、とにかくその大きさに驚きました。
DSCF0274.JPGのサムネール画像

(さらに…)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

いつか去る息子を思う

我が家の息子はようやく小学三年生。母親の私があまりにクールで厳しい反動か、

「ママはかわいい」
「ママはきれい」
「ママはかわいいだけじゃなくて、頭もよくてかっこいいよ」

と、聞いている方が恥ずかしくなるほど褒めてくれる上、

「ぼくは70歳を過ぎてもママにあまえる・・・そのときはママをだっこしてあげる」

と、泣かすセリフを吐き、納期で追われて殺気立っている母親の部屋に顔を出し、おもちゃのティアラを差し出して、

「ねんね姫、一緒にねよ?」

と、甘い言葉を囁く。これで将来はカリスマホスト決定、私はよそのお嬢さん方が貢いでくださったお金で暮らせるかなー、いや、こいつの顔は夫に似て、平成じゃなくて昭和だから(夫は大正)無理かな、などと、一人で老後を憂えている身勝手な母。
男子はこうやって育つのである。

(さらに…)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

漫画で世代間交流

我が家は家族全員漫画好き!

とはいえ、年齢や性別によって、好みの漫画もそれぞれ。

マンガ家志望だった私の愛読書は小学校から高校生になるにしたがって少女フレンド→りぼん→別マ(別冊マーガレット、の略ですヨ)と変化していきました。

「サインはV」(望月あきら)「レディー・アン」(里中満智子)
「たそがれ時に見つけたの」(陸奥A子)
「おしゃべり階段」(くらもちふさこ)「愛のアランフェス」(槇村さとる)・・
なつかしいなぁ。

(さらに…)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
12
カテゴリ一覧