ファミリーの1歩先には親子スタイル

中学・高校・大学受験

祖父母からの教育資金の贈与」が1500万円まで非課税になる!

親子スタイル世代にとって、子供の教育資金はとても頭が痛い問題。私立大学に進学すると、授業料だけでも年間100万円超えが当たり前の時代。さて、どうやって貯めるか、捻出するか、調達するか、奨学金は当てになるのか?・・・祖父母に頼めば少しは出してくれるかもしれないけど、お祝いやお年玉のレベルならともかく、金額が大きいと贈与になってしまうし・・・という方に朗報です!

教育という用途限定ながら、子供1人に対し最大1500万円までの贈与が非課税になる、というのをご存知でしたか?

(恥ずかしながら、私はこの記事を見るまで知らなかったです^^;)

 

▼期間限定!「教育資金の贈与」が1500万円まで非課税に

http://president.jp/articles/-/11811?utm_source=0129

 

通常だと、1500万円贈与すると贈与税は470万円かかるとのこと。これがそっくり非課税になるのなら、生前贈与として贈る側としてもなかなかいい感じ。受け取り側は直系の孫、ひ孫限定で30歳になるまで、使い道は教育費のみ、しかるべき銀行にそれ専用の口座を開いてやり取りすることが条件になっています。でも、条件が整っていて、それなりの教育資金を出してあげるよ、と言ってくれている祖父母がいらっしゃるのであれば、一考の価値ありですね。この制度、2015年12月31日までの期間限定なので、検討されるならお早めに。

【ご参考】
◆国税庁
「祖父母などから教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度のあらまし」などについて

◆文部科学省

教育資金の一括贈与に係る贈与税非課税措置

p.s. そういえば、少子化が叫ばれる中、「6ポケット」(子供1人に対し両親・両祖父母の合計6人の財布があること)という言葉が一時期にぎわっていましたが、あれ、今はどんな感じなんでしょう?この制度も「6ポケット」の有効利用の一つなのでしょうか?
(文:小林千早都)

 

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

高校生の大学選びは高1から?!

就職活動が大学3年からスタートなら、高校生の大学選びも高校1年からスタート?

 

高校受験を終えてホッとひと息、そろそろ高校生活にも慣れて・・・という時期なのに、夏休み前から、大学進学のためのイベントに参加したり、オープンキャンパスに行ったりして大学の雰囲気をつかみ、行きたいところを探れ!というのは何だかすごい前倒し感覚。もちろん、いち早くターゲットを決め、そこに向けて勉学に取り組み始めればきっと・・・という学校側の気持ちはよくわかる。実際、やりたいこと、入りたいところを見つけて勉強するのと、漠然と勉強するのとでは、やはりその効果は違うだろう。でも・・・と思うのは私たち親が実際にはそんな風に高校生活を送ってこなかったからかもしれない。

 

最近はこんなイベントがあるそうだ。

 

「大学進学のための学問発見イベント」夢ナビライブ

http://yumenavi.info/live/index_pc.htm

 

究めたい学問から進学したい大学を見つける夢ナビライブ!

大学教員が学問の魅力を30分で伝える臨場感あふれる講義ライブなど、大学進学に関するイベントがたくさん!

 

せいぜい資料を取り寄せるしかなかった時代から考えるとかなり画期的!

高校生向け、保護者も参加可能、もちろん無料

 

全国各地、合計7ヵ所で行われるかなり大掛かりなイベント、文科省後援

講義ライブ(ショートショートで30分)、質問コーナー、個別ガイダンスや説明会。

東京は7/13、東京ビッグサイトで、関東を中心に有名大学を含む、全国国公立私立の大学199校が参加、305種類の講義ライブが行われたとのこと。

 

一方オープンキャンパス(大学公開、説明会、模擬授業など)の方は、例えば私の母校・京都産業大学を例にとってみると、こんな感じ。

http://sgc.kyoto-su.ac.jp/event/oc_2013.html

里帰りと取材を兼ねて、娘を連れて行ってきたのですが、いやー、大学の今昔を感じることができて楽しかったぁ!(あっ、それで終わっちゃいけないですね^^;)

 

で、結論。大学も入ればそれで終わりではなく、また次を考えるための場になるわけですが、せっかくならいろいろな大学に触れ、肌の合うところ、ピンとくるところを探してみるのは、とてもいいことだと思いました。思わぬ発見があればラッキーですね(^^)
(文:小林千早都)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

高校生になって

高校に入学して1ヶ月。
ようやく慣れてきた様子の息子です。

マイペースで、自分から進んで声をかけるタイプではないので、しばらく一人でいる時間が多かったようですが、それでも、明日から行くHR合宿や月末にある運動会などでクラスメートと話しをするようになり、あだ名もついて、徐々に馴染んでいるようです。

部活は硬式テニスに入部。中学時代はソフトテニスだったので、ラケットの握り方や振り方が違って、やりにくいとぼやいています。
とはいっても、1年生なのでコートで練習する時間はあまりなく、もっぱら体力づくりのためのランニングと玉拾いの毎日のようです。

息子は、中学時代遊びを満喫していました。
その分、勉強でおくれをとり高校受験では苦労しました。
高校受験は中学3年生の成績だけが評価の対象でしたが、大学入試は高校1年からの成績が対象になるそうです。
それを知った息子は日々勉強しています。課題にも真面目に取り組み始めました。受験を経験したことで毎日勉強することが習慣になったのもありますが、自分を変えたいと思っているようです。

誰でも失敗はする。でも、同じ失敗を繰り返さないようにすることが成長するってことなんじゃない、と言うと息子は「説教は聞きたくないんだよ」とつぶやいていました。

受験を経験して、高校という新しい環境になり、息子なりに考えていることがあるようです。
これからの3年間でどう成長していくのか、楽しみです。

(木村有希)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

娘の成長

4月から、娘が大学に通い始めた。入学式にはスーツを来て、少し高めのパンプスを履いて、少し大人びた表情を見せてくれた。3年前、高校に入学して程なく行なわれた進路調査では、自分の進みたい道が決められずにいた娘。その状況は、高校3年の1学期まで続いた。いろいろな先生と話をしたり、大学のオープンキャンパスに参加して先輩方の話を聞いたり、自分の道を一生懸命に探していた。そして、ようやく自分の進みたいと思える道を見つけた。

本格的に受験勉強をスタートしたのは、高校3年の夏休み…。自分が納得しないと前へ進めない、娘らしいプロセスだと思う。娘には、私は出来るだけ口出しはしないようにしている。気が強いようだけど、実はとても臆病で、自信満々に見えるけど、本当は不安がいっぱいな娘…。そんな娘だから、自分で決めた道を歩いていかなければ、どこかで後悔して前に進めなくなってしまうと思っている。意見を求められれば、母親として答えるけれど、娘は私の意見を本当は聞いていない。ただ、自分の意見に賛成してほしいだけなのだ。だから、娘が一人で考える時間が必要だと思っている。

実は、娘が通っている大学は、娘の第一志望の大学ではない。大学が決まるまで、娘とは本当に色々なことを話した。娘自身の中学時代のつらい経験と、その時に何を考え、どんな風に生きてきたかも聞いた。その時も、聞いてはいたが、娘自身も上手に表現できずに、私もその思いを全部理解できずにいたことを知った。娘は泣きながら、ずっと話をしてくれた。親子であっても、違う人格があるのだから、100%同じ気持ちなれるとは思ってはいないが、それでも、今までよりもずっと、娘の思いを理解できたように思う。

もしかしたら娘は、来年もう一度、学びたいと心から思っている大学を受験し直すかもしれない。でも、もしかしたら、今の大学にそのまま通い続けるかもしれない。私は、娘を見守っていこうと思っている。最近は、娘と二人で出かけることも多くなり、話す内容もますます多彩になっているが、娘と私の考えは必ずしも同じではない。私自身、そのことを忘れずに、客観的に娘と話ができるように心がけていきたいと思っている。
(樋口美穂)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

卒業式はまだだけど

先月、第一希望の高校へ合格した息子。

合格発表は、一緒に受けた友人と二人で行きました。
二人とも合格し、合格通知書を受け取ったその場で、入学確約書にサインし、制服の試着と注文まで済ませてくると言う手際の良さに驚きました。
その間連絡を待っていた私は落ち着きませんでしたが。

先日その制服が届き、早速着てもらいました。
見慣れている中学の制服はジャストサイズのジャケットにくるぶしの見えるズボンですが、全体的にゆったりした新品の高校の制服姿は新鮮でした。この大きめのジャケットもまたいつの間にかジャストサイズになってしまうのでしょう。
中学はスニーカーで登校していますが、高校では皮靴になります。
息子にとって皮靴は大人になった気分がするのか、とても気に入ったようでしばらく足元を嬉しそうに眺めていました。

受験が終わり、開放的な気分になっていたところですが、高校側もそれをわかっています。
高校に提出する書類の記入があり、入学式前にはクラス分けのテストもあります。受験効果かテストと聞くと条件反射的に勉強をしなければという気持ちになるようで、のんびりとしていられないようです。

中学ではもう授業はなく、文集に載せる文章を書いたり、卒業式の練習をしたりしています。

中学3年生になったばかりの頃は親との会話がなく生意気な息子でしたが、夏休みから親子で高校見学や説明会に行くうちに会話も増えて、生意気な突っ張った姿も影を潜めるようになりました。

中学卒業と高校入学のちょうど真ん中にいる息子は、今どんな気分で毎日を送っているのでしょう。
高校受験を経て少し成長した姿を見ることができて、うれしく思います。

(木村有希)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧