ファミリーの1歩先には親子スタイル

OSG親の悩み

祖父母からの教育資金の贈与」が1500万円まで非課税になる!

親子スタイル世代にとって、子供の教育資金はとても頭が痛い問題。私立大学に進学すると、授業料だけでも年間100万円超えが当たり前の時代。さて、どうやって貯めるか、捻出するか、調達するか、奨学金は当てになるのか?・・・祖父母に頼めば少しは出してくれるかもしれないけど、お祝いやお年玉のレベルならともかく、金額が大きいと贈与になってしまうし・・・という方に朗報です!

教育という用途限定ながら、子供1人に対し最大1500万円までの贈与が非課税になる、というのをご存知でしたか?

(恥ずかしながら、私はこの記事を見るまで知らなかったです^^;)

 

▼期間限定!「教育資金の贈与」が1500万円まで非課税に

http://president.jp/articles/-/11811?utm_source=0129

 

通常だと、1500万円贈与すると贈与税は470万円かかるとのこと。これがそっくり非課税になるのなら、生前贈与として贈る側としてもなかなかいい感じ。受け取り側は直系の孫、ひ孫限定で30歳になるまで、使い道は教育費のみ、しかるべき銀行にそれ専用の口座を開いてやり取りすることが条件になっています。でも、条件が整っていて、それなりの教育資金を出してあげるよ、と言ってくれている祖父母がいらっしゃるのであれば、一考の価値ありですね。この制度、2015年12月31日までの期間限定なので、検討されるならお早めに。

【ご参考】
◆国税庁
「祖父母などから教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度のあらまし」などについて

◆文部科学省

教育資金の一括贈与に係る贈与税非課税措置

p.s. そういえば、少子化が叫ばれる中、「6ポケット」(子供1人に対し両親・両祖父母の合計6人の財布があること)という言葉が一時期にぎわっていましたが、あれ、今はどんな感じなんでしょう?この制度も「6ポケット」の有効利用の一つなのでしょうか?
(文:小林千早都)

 

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

将来を迷う若者たちの夏

子供が大きくなるにつれ、親の心配や子育ての悩みも変化してきます。
我が家は22歳と25歳ということでもう大人と言えば大人ですが、まだ自分の人生設計という点では大いに悩み迷う年齢でもあります。
より大きな課題が子供たちを取り巻き、親も決して無関係ではいられません。

上の娘はそろそろ結婚も視野に入り、むすめ自身も彼氏も将来設計についてあるときは夢を持って語り、あるときは真剣に悩んでいます。
この時代、普通に家庭を持って生活するということ、子育てしていくことは若者にとってかなり敷居の高い選択となりました。
不安材料を挙げれば、不況、経営難、就職難、いじめ問題、原発問題・・・いくらでもあがります。
これまでは彼氏彼女という立場で二人が楽しく過ごすことだけを考えてきましたが、結婚を意識するようになるとそれだけですみません。

「え?そんなことまで親が心配するの?」と言われるかもしれません。もちろん本人たちで頑張らなくてはいけないのですが、親として経験者としてのアドバイスは求められています。
若い二人が力を合わせて前向きに生きていけるように少しまわりの大人もサポートしていくような体制がとれないものかと考えるようになりました。
経済的なサポートという意味ではなく、また肉親に限らず、地域や仲間で応援しあえれば心強いし子育てもしやすくなる、そんなコミュニティができていればいいなと思っています。
やはり将来が不安で結婚も出産もできないという状況おかしいと思うのです。
キビシイ世の中だということは我々大人にとっても同じですが、せめてその中で明るく頑張って上を向けるように支えあえれるような生き方をしたいと思っています。

二女はまだ就活中です。旅行関係と映像制作関係で3社内定を頂いていてどの会社も魅力があり娘にも適性があると思いますが、まだ決めかねています。
そしてかなり遅いスタートですが、本命であり競争率がとても高い会社の選考がこれからはじまります。就活最後の大勝負といったところです。
就活も最初の頃はわからないことだらけなので、エントリーシートも確認したり面接の練習に付き合ったりもしましたが、もう半年たった今の時点では娘自身のほうがよくわかっていることですので口は出しません。
ただ見守り応援し、話をきくことに徹しています。二女もまた人生の大きな選択に迫られることと思います。

でも真剣に自分の将来を考えることができるって素敵なことだと思います。
私も娘たちのそれぞれの選択が決まったら、自分の夢の実現に向かって現実的に歩みだしたいと思っています。

Yuri Ohashi

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

シューカツも出会いだ!

新しい人との出会いがいっぱいな春です。

入学や入社で知らない顔がいっぱいの中、共通の話題もなく、慣れない場所で過ごす日々を送る。新しい生活が始まる時に感じてきた気持ち。改めて思い出します。

毎朝顔をあわせ、行動を共にする中でだんだんにお互いがわかってくる。今までと違った中で過ごす毎日は、人生の新しいステージになっているとふと気づく日がくる。そういう風にして自分はこういうものだ、と思っていたかたちを超えて違う自分を作ってきたように思います。

小学校と中学校。中学と高校、高校と大学。それぞれに大きな違いがあったけれど、社会人になった時に、学生と社会人の間にはやっぱりずいぶん深く広い川が存在するように思えました。学生の時によくぶちあたる「テスト」という課題は、適切とされる答えが想定されていることがほとんどです。しかし、社会人が仕事の上で解決する課題には答えは一つではないことも多いのです。どの答えが一番ふさわしいか、みんな必死で、でもある意味手探りで試しているのがビジネスの現場かもしれません。

だからシューカツも「うまくいく」答えはきっと一つではありません。自信満々な態度の学生が好きな企業もマイナス点をつける企業もあるでしょう。企業ごとに「こういう人が欲しい」は違うはずだと思います。私は学生の時、企業が欲しがる人は「明るくはきはきして、学生時代いろんな経験をしてきた人」に違いないと思い込んで、懸命にその理想の鋳型にあわせた自己PRをしようとしていました。社会人になってから見るとポイントがずれていたなあと思います。

私が今シューカツするなら大切にしたいことは、入りたい会社がどういう会社なのかよく知ること。そして、その会社で自分がどんな貢献ができそうなのかを真剣に考え抜くこと。

それって、新しい友達と出会うたびに、その人がどういう人なのかよく話を聞いたり、その友達のために何ができるか、どんな楽しいことを一緒にやれるかを考えてきて、仲良くなってきたのと実は似ているように思うのです。

だからとりわけ難しく考えるのではなく、企業の人の気持ちを想像しながら、良い関係を作るために受ける側としてできることを尽くしていくことが大事かなと。シューカツで出会う企業の人は会社の一員として審査する人ではあるけれど、生身の人間でもあります。面接はその数だけ人と出会う機会でもあります。一つひとつの出会いを大切にして、社会を少しずつ知っていく。シューカツはそんなかけがえのないチャンスであるとも言えます。シューカツにがんばる人にいい出会いがあるといいなと心から応援しています。

文:和田理恵

親子スタイルアドバイス
■お勧めの対象 シューカツをしている人、これからする人
■コメント 採用する側の気持ちとして、木村健太郎さんがアドタイに書いた記事がとても面白くオススメです。広告業界に興味がある人はもちろん、他業種に進む人にも参考になる点があると思います。
■参考 やかん沸騰日記「博報堂の採用リクルーティング広報の真実」
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

ケータイの掟

震災前は携帯電話を持っていなかった我が家の子供達。震災の時は音声通話はつながりにくかった。東京に地震があったら前回は役にたったツィッターやフェイスブックがつながるかどうかわからない。という事実はあるとしてもやはりひとつでも多く連絡をとりあえる可能性の選択肢は増やしておきたいので、中3の娘にケータイを持たせました。

最初はフィルターをかけていたものの、ツィッターができないのでこれでは意味がないということで早々に解除。
となるとまるで大人と同じ扱いになります。
自由に使えるインターネット端末を持ったのと同じです。

携帯を渡す最初の時に、使い方についていくつかルールを決めました。

・ケータイは原則リビングで使う。
  →これは今は崩れてしまいましたが、寝床でメールをしたりしない、というぎりぎりの線は守られてます。

・午前中、食事中はケータイを使わない。
 →土日の午前中、せっかくアタマが冴えている時間帯に勉強しないでメール返信にいそしむのはもったいないので。

・メールに友達を傷つけるようなことを書かない。
 →メールを読んでいないので実際にはどうかわかりませんが、うわさ話と違ってメールは文章がそのまま残って、コピーしたり転送したり簡単にできるのでしない方がいいと助言しました。

・使用料を親が払っているうちはケータイの使用内容をチェックする可能性がある。
→いままで実際にメールを読んだり、通信記録を調べたことはありませんが、おかしいなと感じたときに調べる権利は持っておこうと思いました。

ケータイを与えてもうすぐ1年。今のところ、ケータイを使い過ぎているなと感じることはなく、適度に使いこなしているなと思っています。自分用のケータイを買い与える前に、私のケータイのメアドを共有させていたので、その時に適度な距離感でケータイとつきあうのを学んだのかもしれません。

震災時に急にはツィッターなどを使えないと思うので、普段からしておくことが必要だと思うので、ツィッターのアカウントは私が取り方を教えて設定しました。楽しんでやっているようです。

ケータイの掟を決め、守らせるには最初が肝心かと思います。与える前にじっくりどういう使い方が望ましいかを考えてお子さんと話し合っておくことをオススメします。

文責:和田理恵

親子スタイルアドバイス
■お勧めの対象 これから子供に携帯電話を与えようと思っている人
■コメント ケータイを持つにあたってどうしても守らせたいこと、やってはいけないことをあらかじめリストにして子供と話しあうといいかもしれません。参考サイトのリストもご参照下さい。
■参考 社団法人 電気通信事業者協会
ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

最後の学園祭と交差する想い

引退する大学3年生の娘の学園祭のダンスのステージを見に行った。
本当は昨日の予定だったけれど、大雨で1日延期、メインのステージではなく体育館のフロアーで行ったのでちょっと残念だったけれど、それでも100人規模のサークルなので、体育館はかなりいっぱいになった。

娘がやっているのは、ジャズとかハウスとかっていうジャンルでストリートダンスの一つ。
実はとてもたくさんのジャンルがあるんだけれど、わたしにはいまだにさっぱり違いもわからないし上手いヘタもよほど極端じゃないと判断付かない。
それでも娘がいくつかのジャンルに出て踊っているのをみるとなかなか上手なのでやはり「がんばっただけのことはあるな~」と思う。

思えば中学生のバトン部からはじまって地方大会や全国大会、その後ダンスに移ってからも毎年大きなステージは応援しに行ったものだ。自分なりには応援してきたつもりだった。

でもダンスについてはずいぶん娘と言いあいもしたし葛藤もあった。

(さらに…)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧