ファミリーの1歩先には親子スタイル

親子スタイルギャラリー

中世にタイムスリップ、百塔の街プラハ

プラハ城夜景.jpg

夕焼けのプラハ城とカレル橋

中欧のチェコの首都プラハは、政治に翻弄された歴史がありますが、戦争や革命の中奇跡的に一度も戦火にさらされなかったため、古い建物がそのまま現在も残っています。


日本からヨーロッパに行く場合に、まずプラハへ、という人は少ないようですが、欧米の人たちにはプラハは大人気の街です。
上の写真のカレル橋の上はまるで清水寺への参道のようにひとがいっぱいです。

カレル橋から坂を上っていくとプラハ城です。

Pお城階段.jpg

Pステンドグラス.jpg

聖ヴィート大聖堂の中のミュシャのステンドグラス

P図書館.jpg

ストラホフ修道院野中の図書館、ハリーポッターの学校みたいです。

P時計.jpg

旧市街広場の市役所前の仕掛け時計。毎時ちょうどに仕掛けが回るときには周りは人でいっぱい

ケーブルカーに乗ってペトシーンの丘に行きそこにあるタワーから、プラハの街が一望できます。
Pペトシーンの丘.jpg

プラハはさまざまな映画やドラマのロケにも使われています。
今回はとくに行く前にのだめカンタービレの予習をしっかりしていき、ドラマや映画に出てきた場所をめぐりました。

P市民会館.jpg

千秋の指揮者コンクールの決勝戦、のだめとシュトレーゼマンのコンサートの行われたスメタナホールがある市民会館

市民会館ホール.jpg

スメタナホールを含め市民会館の中はガイドツアーがあります

Pチェフ橋.jpg

カレル橋同様モルダウ川にかかるチェフ橋は千秋が拉致された現場

Pグランドボヘミア.jpg

千秋が泊まったホテル、グランドボヘミア。私たちはこのホテルの斜め前に泊まりました。
トラム、メトロの駅のまん前でとても便利でした。

ほかにも映画のロケ地もいっぱいで、特にミッションインポシブルは最近もトムクルーズがロケに来ていたよ、とモルダウ川クルーズのガイドさんが言っていました。
Pミッションインポシブル.jpg

ミッションインポシブルでは大使館としてパーティーが開かれていたところ

さて、プラハの街はそんなには広くないので元気なら徒歩でも回れなくはないのですが、地下鉄とトラムを乗りこなすと、とっても便利です。
特にトラムは景色を見ながら乗れるので、ちょっと位行き過ぎても大丈夫。
1日券(24時間)や3日券(36時間)を買えば、いちいち支払わなくてもいいのでとっても快適です。

P地下鉄.jpg

地下鉄の駅はそれぞれデザインが違っておしゃれです。
ものすごく長い地下鉄へのエスカレーターも必見。

Pトラム.jpg

トラムは旧式、新型など混在しています。
乗りこなせば、ほとんど歩かずにどこにでもいけちゃう感じです。

さて、日本ではあまり知られていませんが、チェコは一人当たりのビールの消費量が世界一。
あのバドワイザーの発祥の地でもあります。
街中にいろいろな種類のビールがあり、お店独自のビールもいっぱい。
全部制覇したいという野望はあまりの種類の多さにあえなく玉砕です。
また、行きたい、という原動力ですね。

pピルスナーウルケル.jpg

日本でも瓶詰めなら買える一番有名なピルスナー ウルケル

ufreku.jpg

世界最古のビアホールといわれるウ フレクー

このお店では、お店で作ったこのビールのみ。座ったら有無を言わさずビールが出てきて、空になったら勝手に?次のビールが出てくる、わんこビール状態です。

Pスーパー.jpg
スーパーのビール売り場も充実で、厳選して?買ってかえりました。

(2011年12月14日 10:32) 個別ページ