ファミリーの1歩先には親子スタイル

親子でステキな贈り物

サンタさんは来なくなった・・?

もうすぐクリスマスですね。

中学1年生の長女はもうサンタさんを信じる年ではなくなってますので、「今年からサンタさんは来なくなったから、プレゼントはなしね」と伝えてました。

でも、さすがに弟、妹にはサンタがやってくるので、かわいそうだなぁと思い、プレゼントを買ってあげることにしました。

そんな長女が何を選ぶのかと思っていたら、

「コンタクトレンズ!」

と言われました。

確かに欲しがっているのはわかっていたけど、クリスマスにお願いするものじゃないなぁと苦笑い。ちょっとそれはかなえられないので、他のものを検討してもらっています。

それとは対照的に小4の長男は、まだサンタを信じてるのかなーという状況です。そんな長男からは、「Wii Uがいい!サンタさんにお願いする!」という話が・・・

「ちょっと高いよ。Wii Uだとサンタさんは買えないよ」と夢のない話でなんとか説明しました。しかし、次にお願いして出てきたWiiのソフトが、どのお店に行っても、通販で探しても全然見つからない・・・。クリスマスまでどうしようと悩んでいるところです。

さて、最後にわが家の2歳児ですが、クリスマスの歌を歌えるようになってきましたが、サンタの存在はまだまだわからない様子。親が好きなように選べるので、これは親として楽しいですね。

何をあげようかなぁっと。

 

(三尾幸司)

http://ameblo.jp/rakuda-ikumen/

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

ボーナスのプレゼント

兄弟の仲では、私に似て(?)一番冷めたところのある長男。先日も、模試の結果が悪くて泣きベソを描いていた妹に向かって「もっとしっかりろよ」などと厳しいことを言っていた。

そんな彼が、ボーナスが出たとのことで袋を2つ抱えて帰ってきた。一つは、ポインセチア。もう一つは、ケーキ3つ。ケーキを買ってくるなんて珍しい。「どうしたの?」と聞くと、「あいつ(妹)が昨日落ち込んでたからさ。俺はいらないから、みんなで好きなの食べていいよ」とのこと。妹は、日頃ちょっかいをだしてきたり、辛辣な言葉をかけてくる兄のことを「うざい!」「頭にくる!」などとけちょんけちょんにけなしているのだが、なんだ~、いいところあるじゃん!!照れくさいのもあるのだろう、家族にはなかなか優しい言葉ってかけにくいのでしょうね。

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

誕生日のプレゼント【母編】

これまで、母の日に子供からもらったプレゼントや、子供たちにあげた誕生日のプレゼントについて書いてきたが、今回は私の誕生日についての話題。先月上旬、私は○回目の誕生日を迎えた。子どもたちはどうしてくれたかというと・・

【長男】母の日にはビームスのストールをプレゼントしてくれた彼。前日に「明日、お母さんの誕生日だよ」と告げると「ふ~ん」と気のない返事。当日は彼女と仙台に旅行に出かけることだし、それどころじゃないよな、当然だ。・・と思っていたら、昼過ぎに旅先から電話が鳴った。「あのさ~、今日、誕生日なんだよね。」「そうだよ」「なんか買ってくからさ、何がいい?」「なんでもいいよ、ずんだもちでも買ってきて」
照れくさいのか、「おめでとう」とは言わなかったが、ずんだもちのほかに和風のしおりを買ってきてくれた。

【次男】これまでプレゼントをくれたことのない彼。いつも言うセリフは「マッサージしてあげるよ」。今回もご多分にもれず同じセリフ。大学生の次男はろくに家におらず、昼夜逆転の毎日。なかなかタイミングが合わず、1か月以上たった先日、「そういえばさぁ、マッサージまだしてもらってないんだよね」と私からリクエスト。たっぷり時間をかけて施術(?)してもらいました!

【長女】ピアス、石鹸等、少ない小遣いをやりくりしていろいろなものをプレゼントしてくれるのだが、何せ受験生。さすがに余裕がなく、今回は見送りとなった。来春の志望校合格が、何よりのプレゼントとなるだろうな。

(文:山口るみか)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

誕生日の贈りもの

もう数十年前の話。誕生日だったか、成人の日だったか、20歳のお祝いに母から18金のネックレスをもらった。一度失くしてしまったが、その後同じようなものを購入し、今でもときどき身につけている。

 さて、先日は二男の20歳の誕生日だった。盛大にお祝いをしてあげなければと思っていたが、昼間は私は仕事だし、息子は夜からアルバイト。「盛大なお祝い」どころか、ケーキやご馳走もままならないまま記念すべき誕生日は過ぎてしまった。1か月前の長男の誕生日のときは、彼女に「盛大に」祝ったもらったらしく、親の出番はナシ。(もう24歳なんだから、当たり前ですよね・・)プレゼントはともかく、誕生日のある週末には本人希望のメニューで食卓を囲んでお祝いをしていた日々が懐かしい。1か月後には娘の18歳の誕生日が控えている。きょうだいのなかで一番要求をしてくる彼女は今から誕生日のプレゼントを思案中のようだ。この子も、やがて彼氏ができれば私の出る幕はなくなってしまうだろう。今のうちに本人のリクエストに応えて希望のプレゼントをあげることにしよう。

(文:山口るみか)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

母の日のプレゼント

もう1カ月近く経ってしまったが、母の日の話題。

小学生のとき、「母の日って、休みになるの?」などとのたまっていた長男も、高校生のころからプレゼントをくれるようになった。カーネーション、ケーキ、「ルシピア」のお茶セット・・・。

母の日が近づいたある日、「今年はストールをあげようと思ってるんだよね」とうれしい予告。その気になった私は、手元にあった雑誌「STORY」のページをめくって、「こんな感じのストールが好みなんだよね、無地だけど地味すぎず!」とノリノリ。ちょっとハイになった私に「そんなに期待されても困るんだけど」と引き気味の彼。

さて、母の日前日の5月12日。彼は昼間から彼女とデートに出掛けていたのだが、思いのほか早く帰ってきた。そして、「はい、これ」と「BEAMS」の紙袋を私に差し出した。中に入っていたのは、予告通り、ストール。しかも「無地だけど地味すぎない」私好みのものだった!さすが社会人、けっこうがんばったね~!本人も「これ、けっこうしたんだよ」(値が張った、の意。)

高校生の長女からは以前、一緒に出かけた際に私が興味を示していた「LUSH」の洗顔ソープとパック。お正月に郵便局のアルバイトをして得たお給料から買ってくれたそう。みんな、私の好みを考えてプレゼントをしてくれる年齢になったのね・・としみじみした、今年の母の日でした。

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧