ファミリーの1歩先には親子スタイル

子どもからのプレゼント

12

ボーナスのプレゼント

兄弟の仲では、私に似て(?)一番冷めたところのある長男。先日も、模試の結果が悪くて泣きベソを描いていた妹に向かって「もっとしっかりろよ」などと厳しいことを言っていた。

そんな彼が、ボーナスが出たとのことで袋を2つ抱えて帰ってきた。一つは、ポインセチア。もう一つは、ケーキ3つ。ケーキを買ってくるなんて珍しい。「どうしたの?」と聞くと、「あいつ(妹)が昨日落ち込んでたからさ。俺はいらないから、みんなで好きなの食べていいよ」とのこと。妹は、日頃ちょっかいをだしてきたり、辛辣な言葉をかけてくる兄のことを「うざい!」「頭にくる!」などとけちょんけちょんにけなしているのだが、なんだ~、いいところあるじゃん!!照れくさいのもあるのだろう、家族にはなかなか優しい言葉ってかけにくいのでしょうね。

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

誕生日のプレゼント【母編】

これまで、母の日に子供からもらったプレゼントや、子供たちにあげた誕生日のプレゼントについて書いてきたが、今回は私の誕生日についての話題。先月上旬、私は○回目の誕生日を迎えた。子どもたちはどうしてくれたかというと・・

【長男】母の日にはビームスのストールをプレゼントしてくれた彼。前日に「明日、お母さんの誕生日だよ」と告げると「ふ~ん」と気のない返事。当日は彼女と仙台に旅行に出かけることだし、それどころじゃないよな、当然だ。・・と思っていたら、昼過ぎに旅先から電話が鳴った。「あのさ~、今日、誕生日なんだよね。」「そうだよ」「なんか買ってくからさ、何がいい?」「なんでもいいよ、ずんだもちでも買ってきて」
照れくさいのか、「おめでとう」とは言わなかったが、ずんだもちのほかに和風のしおりを買ってきてくれた。

【次男】これまでプレゼントをくれたことのない彼。いつも言うセリフは「マッサージしてあげるよ」。今回もご多分にもれず同じセリフ。大学生の次男はろくに家におらず、昼夜逆転の毎日。なかなかタイミングが合わず、1か月以上たった先日、「そういえばさぁ、マッサージまだしてもらってないんだよね」と私からリクエスト。たっぷり時間をかけて施術(?)してもらいました!

【長女】ピアス、石鹸等、少ない小遣いをやりくりしていろいろなものをプレゼントしてくれるのだが、何せ受験生。さすがに余裕がなく、今回は見送りとなった。来春の志望校合格が、何よりのプレゼントとなるだろうな。

(文:山口るみか)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

母の日のプレゼント

もう1カ月近く経ってしまったが、母の日の話題。

小学生のとき、「母の日って、休みになるの?」などとのたまっていた長男も、高校生のころからプレゼントをくれるようになった。カーネーション、ケーキ、「ルシピア」のお茶セット・・・。

母の日が近づいたある日、「今年はストールをあげようと思ってるんだよね」とうれしい予告。その気になった私は、手元にあった雑誌「STORY」のページをめくって、「こんな感じのストールが好みなんだよね、無地だけど地味すぎず!」とノリノリ。ちょっとハイになった私に「そんなに期待されても困るんだけど」と引き気味の彼。

さて、母の日前日の5月12日。彼は昼間から彼女とデートに出掛けていたのだが、思いのほか早く帰ってきた。そして、「はい、これ」と「BEAMS」の紙袋を私に差し出した。中に入っていたのは、予告通り、ストール。しかも「無地だけど地味すぎない」私好みのものだった!さすが社会人、けっこうがんばったね~!本人も「これ、けっこうしたんだよ」(値が張った、の意。)

高校生の長女からは以前、一緒に出かけた際に私が興味を示していた「LUSH」の洗顔ソープとパック。お正月に郵便局のアルバイトをして得たお給料から買ってくれたそう。みんな、私の好みを考えてプレゼントをしてくれる年齢になったのね・・としみじみした、今年の母の日でした。

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

息子の初ボーナス

社会人1年目の長男が帰宅するなり、私たち夫婦に向かって「今週の土曜日の予定、どうなってる?」とひとこと。
その日はあいにく私もお父さんももそれぞれ飲み会の予定が入っているよ、と話すと「なんだ、残念。ボーナスが出たから焼き肉に連れて行こうと思ってたのに。じゃあ、この話はなかったことに・・」
「ちょっと待って!じゃあ、別の日にしようよ。」と私たち。

(さらに…)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

子どもに感謝!夫婦ふたり旅

結婚して23年が過ぎました。足掛け、24年目。子どもが小さい頃は、正直、ダンナのことを考える余裕すらなかった時期もありました。毎日が、3人の子どもの世話で手一杯でしたから。

20091020.jpg

私の実母が他界してからは、子どもを預ける場所もなくなり、美容院へ髪をカットに行くこともできなかったり、本音を言えば 「もう少し子どもの面倒をみて欲しいなぁ・・・」と何度も思ってました。
しかし、気が強い私は、ダンナにその気持ちを伝えることもできませんでした。意地になっていたのかもしれません。

夢中で毎日を過ごしていたら・・・ あっという間に23年が過ぎてしまったというのが実感です。

そんな時、タイミングよく、ペアの宿泊券の当選通知が届きました。

(さらに…)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
12
カテゴリ一覧