ファミリーの1歩先には親子スタイル

平野 だい

痛い目をみる

諸事情から、わずか9ヶ月の中学受験を終えた我が家。無事に入学式も終えて、息子の中学生活は一週間を過ぎ、私も毎朝、お弁当作りに精を出しています。

息子が進学した中学は、東京の御三家には及ばないものの、地元では名門と言われ、偏差値も大学進学率もなかなかでしたので、親である私たち夫婦は入学前から、

「お金持ちが多いんだろうねえ…庶民、行ってもいいのかな…」
「優秀な子ばかりの中に入って、万年ビリはかわいそう…」
「マイペース過ぎて、先生に見放されたら…」

などと不安でいっぱいでしたが、実際に入ってみたら、

「学食のサンプルを食べるのは禁止で、以前、食べて停学になった生徒がいるんだって(それは停学じゃなくて、腹を壊して休学では?)」
「エアコンの温度設定を男子にやらせたら、極端にしちゃうから、絶対に女子のお目付け役がつかないといけないんだよ」
「身分証明用写真撮影の後、迷子になって(撮影場所と教室の校舎までは数10mもございません)、ずっと空いたままの席があって、先生が、ああ迷子か、って言ってた」
「ロッカーの鍵をなくして体操服が出せなくなって、鍵を探していて行方不明になった子がいたから、皆で捜索に出て、また体育館に集合したら、いつのまにか、その子が捜索隊より早く戻ってた」
「校章なくして、クラスメイトの上着を借りて撮影していた子がいた」

…やっぱり男子は皆、「嗚呼息子」なんだろうか?

なんだか少し安心したような、おかしいような気持ちのまま、保護者会に参加したところ、校長先生から、

「中学生にもなって、親に起こされているようではいけません」

の一言。まさに、毎朝怒鳴り飛ばして起こしている我が家は赤面しました。

「もう受験は終わり、中学生になったのです。自分のことは自分で、物も時間も学習も、全て自分で考えて、自分で管理できるようにならねばなりません。
家の用事もどんどんやらせてください。それしないと、自分だけでなく、家族みんなが困る仕事を与えてください。小言は控えて、罰は厳しくしてください。
いきなりできるわけではないから、痛い目を見せて、学ばせる必要があるのです。それが大学進学だけでなく、社会に出たときにものを言うのです」

要約すると、上のような内容を、校長先生から担任の先生まで、言い方は違えど、何度も何度も繰り返し、お話になり、

「親も子離れのときがきたのですよ」

という一言に、そうだ、あと7年もすれば、彼らは成人となるのだ、と、改めて思い出し、あとたった7年の間に、息子はどれだけ「痛い目」を見て、自分の力で生き抜ける人になれるのだろうか、と、親として、色々と反省しつつも、今後のことを考えるようになりました。

少子化や晩婚化で、私たちはついつい子どもたちを必要以上に「子ども」扱いしていますが、時代が時代なら元服の年、成人していた人もいた年齢です。自分で考え、自分で行動するのが当然で、いくら親とはいえ、転ばぬ先の杖ばかりあたえていては、生きていく力を奪うばかりになるのです。
「痛い目」を見て、転んで、泣いている我が子に駆け寄らず、ぐっと我慢して、自力で起き上がるのを見守る、それはとても辛いけれど、それだけの力を与えてもきたはず、と、親も試される時期になったのです。

「今日ね、国語の先生が、どんどん痛い目を見なさい、って言ってた。自分で痛い目を見ないと、ほんとうにはわからないことがたくさんあるよ、って。
だからね、とにかく色々やってみようと思うんだよ。痛くても、まずやってみなくちゃ、って」

重たいバッグを背負い、よろよろと出かける息子の、いつのまにか、私よりも広くなってきた背中を見つめながら、どんな「痛い目」を見ても、ちゃんと起き上がれますように、と願う毎朝です。

(文:平野だい)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

大きくなったら楽なのか

「お子さん、もう小学校高学年なんでしょ?だったら、かなり楽になったんじゃない?」

小学校に上がったときからよく言われるせりふですが、はたして、ほんとうに、

「子どもが大きくなったら楽」

なのでしょうか?子どもどころか、結婚もしていない人に限って、上記のせりふを吐く傾向があるのはなぜでしょうか?

私は産後6ヶ月から社会復帰しています。ワーキングマザーなんてかっこいい言葉は恐れ多くて使えません。
シングルマザーの友人に、
「理想や自己実現のためにではなく、子どもと食べていくために働いている私から見れば、稼ぎのあるだんながいるのに、ワーキングマザーとか名乗る人って、なにって感じ」
と言われたこともありますが、実際、収入があれば支出も増える、ではないですが、旦那様のお給料でやりくりできないから、自分のために使うお金だけ稼いで、家族に迷惑かけてるなー、と自戒することばかり、というのがいちばんの理由です。

子どもが保育所に行っている間は、周りは事情はそれぞれにしても、働いているか介護しているかというママばかりだったので、それほど思いませんでしたが、地元公立小学校に息子が通い出し、専業主婦のママ友が増えるにつれ、旦那様のお給料だけでも、やりくりが上手なら、充分おしゃれもできるし、子どもの習い事もできるし、自分の趣味や習い事もできるんだなあ、ということを思い知り、わが身のだらしなさに恥じ入ることが多くなりました。

更にPTA活動に参加する内、色々な家庭の事情や状況がある中で、大勢のママさんをまとめて活動を行っておられる、歴代の各リーダーさんたちにも出会い、彼女たちの素晴らしいコミュニケーション能力、マネージメント能力、カリスマ性を目の当たりにし、己の能力の無さを痛感しました。まさしく、世が求める人材の宝庫です。
そこに目をつけ、ご近所の奥様方をパートタイムで雇用し、その優れた能力を活かしてもらう企業も出てきてはいますが、大きな問題があります。

それは他でもない、「もう大きくなった」お子様です。

帰宅して親がいない、というのは、小さい子どもより、大きい子どもの方が問題です。
寂しがって落ち込むのはまだいい方で、中途半端に独立心と反抗心のあるこの時期、親の留守は千載一遇のチャンスです。、
たまり場と化してゲーム大会、友だちと繁華街やカラオケへ、から、彼氏彼女を連れ込んで・・・は、あっというまです。
そうなると、ママは確実に帰宅時間には家にいる仕事しか選べない、または辞めざるを得ない、これから学費がかかるのに・・・という話を、私が子ども時代から聞いていましたが、これだけ年月たっても、同じ問題はあるようです。

息子が幼い頃から働いていた私でも、なんでも親の自由だった小さい頃と違い、思春期を迎えた友人たちに囲まれ、自分自身の世界を築きつつある今の方が、ここでは書けない色々な問題が続出し、まともに働くのが難しい状態です。

ワークシェアリング、などという言葉がありつつも、なかなか実現できないのは、こういった難しい問題を母親たちに負わせながら、「大きい子どもは楽」という、根拠のない考えを持つ、まだ親になっていない、もしくは奥さんに任せきりの人間が社会の中心にいるからでしょう。
中学生の職業体験も良いですが、大学生や社会人の親体験、PTA体験というのはどうでしょうか?冗談ではなく、実際に母親たちが抱えるジレンマを体験してはじめて、独り立ちへ、共存社会へとつながるのではないか、と思うのです。

 

(文:平野だい)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

人生はママ業だけじゃない

映画「アイ・アム・サム」で、知的障害を持つサムがスターバックスで働くのを見たことがある方はおられるだろうか?私は実際に近所のスターバックスで、障害を持っているらしい方が働いているのを見て感動したことがある。
私には先天性聴覚障害を持つ従弟がおり、彼が幼少期から訓練の末に一般人と変わらず生活をしている苦労を知っているので、ちょっと他人事とは思えなかったせいもあるだろう。

しかし、最近は、もっと私を感動させてくれる人たちがいる。

私の周りだけでなく、この国には、かなりの高学歴や高い能力を持ちながら、妊娠・出産・夫の転勤などで自身のキャリアを犠牲にし、社会復帰をしようとしたら、自分よりもはるかに能力の低い、若い正社員のもとで、非正規雇用で働かざるを得ない女性が多くいると思う。
それを当然のように受け止め、子どもの学費のため、家のローン返済のため、「どうせパートのおばちゃんだから」と自嘲気味に呟いたり、仕事に誇りを持てない人は少なくないだろう。

私のママ仲間にチャレンジャーが現れた。彼女は紅茶専門店の求人広告を見て、
「子どももだいぶ手が離れたし、大好きな紅茶で、第二の人生に挑戦してみたい!」
と奮起し、厳しい研修や試験を通り、とうとう店頭で微笑むことに成功した。
彼女は私より年上でありながら、若々しく、可憐な人である。
彼女の天真爛漫な性格は二人のお嬢さんにも受け継がれていて、彼女たちがいるだけで、その場はふんわりと暖かで、華やかな雰囲気になる。
この魅力的なお嬢さん二人は、ママの試験勉強にも協力的だったそうで、上のお嬢さんなどは、ママの試験勉強につきあう内、商品について、ママ以上に詳しくなってしまったそうで、数年後には親子で店頭に立つ日もあるかもしれない。

彼女のお友だちには、彼女のように、
「第二の人生を頑張る!」
と、資格勉強を始めたりする方が少なくないらしい。子どもはいつか離れて社会に出る。だからこそ、自分も社会に出て、なにができるかを試してみたい、そう思われる方が増えてきたようである。

もう若くない、おばさんだから、もうキャリアなんてない・・・そう思って、下を向いているママさん、ぜひ近所のカフェに行ってみてはいかがだろう。そこにはあなたたちと同じような「おばさん」が、夢をあきらめず、自分を信じて、輝きながら、あなたに美味しい一杯のお茶を手渡してくれるかもしれない。
人生はいつだって、挑戦しがいのあるものなのよ、と、彼女たちは美しい笑顔で実証しているのだ。

(文・イラスト:平野だい)

 

(文・イラスト:平野だい)

 

英語もかなりわかりやすので原書でもどうぞ。

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

夏休み読書コミュニケーション~昔の不良を知る~

師範学校を出て軍人になり、戦後、再び教員に戻った母方の祖父は教職という仕事に誇りがありましたが、それだけに、可愛い自慢の「いい子」だった母が、東京からやって来た通信記者の父にたぶらかされた際は、

「この川原乞食がっ!」

と玄関先で怒鳴ったそうです。

今ではちやほやされるマスコミも、半世紀近く前にはやくざな商売で、不祥事続きですっかり信頼を失った教職は、だてに「先生」と呼ばれるわけではなく、知性と教養に優れた職業だったのだ、ということがよくわかるエピソードではないでしょうか(娘に悪い虫がついたときの父親はいつの世も変わらない、ということもわかりますが)。

職業に貴賎は無い、とはいえ、時代によってその評価は大きく変わります。その昔、インテリの不良が憧れた職業のひとつが小説家。その破天荒ぶりたるや、いまどきの草食系オサレ作家や、引きこもりオタク作家なんぞ、足元にも及びません。酒やドラッグ当たり前、借金は踏み倒せ、必要とあれば友でも妻でも売ってしまう、挙句に一人で死ねずに心中。まさに「人間失格」、社会不適合もいいところです。文学賞とって家屋敷やら高級車買うなんてださいことはせず、賞金で借金返すどころか飲み代にしちゃった、くらいの気概ある作家がいたのです。

そんな「昔の不良」の作品を、あえて今、親子で読んでみる、というのはいかがでしょう?

「おやじの昔語りなんて、これに比べたらちっちぇえー」

と、更に父親の威厳失墜に拍車をかけるリスクはありますが、もしかしたら、

「よかった・・・ふつうの家庭に生まれて・・・」

と、まっとうなご両親への敬意を新たにするかもしれません。

非常に残念ながら、私の時代から、「昔の不良」たちの作品は「文学史に出てくる名前」程度に落ちてしまい、教科書にのった瞬間から、魅力を半減されてしまっていますが、「勉強のため」ではなく、「昔の不良研究」と思って読んでみれば、また新しい発見と魅力を見つけることができるかもしれません。

学生時代、本と言ったら教科書とゲームの攻略本しか読んだことがない、という、実に嘆かわしい友人男子がおり、その男子がやたらに音を立てて食事をするのが気に障り、ある日、

「くっちゃくっちゃ音出して食ってるんじゃねえよ、このバカヤロウ!」

と一喝してびびらせてしまったことがありました。
私の形相がよほど凄まじかったのか、その後のシカト攻撃がきいたのか、友人はまさに平身低頭して謝ってきたので、私はすかさず、

「これを一冊ちゃんと読んだら許してあげる」

と、夏目漱石の「坊ちゃん」を渡しました。この機会を逃しては、奴に読書の楽しみ、日本文学の素晴らしさを教えることはできない、と考えたのです。

数日後、友人は目を輝かせ、

「だいちゃん!本って面白いよ!夏目漱石ってすげえよ!あんなにどきどきしたことないよ!」

と、「坊ちゃん」文庫本を握り締めながら延々と語り、その日から、古今東西の小説を読み漁り出し、なんと終いには私よりも先にアーヴィングの「ホテル・ニューハンプシャー」なんぞを読破して、生意気にも私に貸してくるようになりました。

それでは私おすすめの「不良本」とは?まずは前述の「坊ちゃん」。なんとか桜と違い、主人公はほんとにただのアウトロー、勢いだけで生きているやんちゃなぼんぼん先生、教え子への愛情も、教職への情熱もありません。風呂入って、飯食って、喧嘩売るだけ。なのに憎めない。上司の悪口言いまくりですが、見方を変えたら、普通に管理職として当たり前のことを言ってるだけなんです。
日常に鬱憤たまってるお父さん、ぜひ息子さんと読んで、語り合ってください。

まだ小学校高学年程度であれば、「パパ・ユーアクレイジー」はいかがでしょうか。
サローヤンが自身と息子のために書いた作品であり、故・伊丹十三さんの訳が素晴らしく、なんともいえない雰囲気がある名著です。
英語も簡単なので、中学生であれば、あえて英語で読んでみてもよいと思います。

フランス発元祖中二病作家・サガンの「悲しみよこんにちは」。
「私は人とは違うの」と言いたくなる、太陽系よりでかい自意識をもてあましているお嬢様をお持ちの親御さん、どうせならここまでの作品書いてから言いなさい、と、文庫本と一緒に渡してはいかがでしょうか。
サガンがこれを書いたのは18歳(実際に書いたのは17歳?)。ペンネームはプルーストから取りました、など、今でも、これだけの知的・精神的に成熟した少女作家がいるでしょうか?
ショッキングなことをこれでもか!と書き連ねているわけでも、昼ドラ真っ青の波乱万丈でも無いのに、どっしりと胸にのしかかる、このせつなさ、憂鬱・・・
個人的には朝吹さんの訳が好きなのですが、読みやすさでいうと、河野さんの方が現代的ですし、わかりやすいと思います。
また、シンプルにブルーだけの装丁が非常にスタイリッシュなので、お母様方は本屋のカバーなんぞかけず、おしゃれなカフェでお子さんと待ち合わせしながら読み、

「ママンも昔、サガンに憧れてね・・・最近はまたマリンルックがはやっているわね。ボーダーといえばジーン・セバーグだと思う人が多いけれど、ママンはBBだと思うの・・・」

なんて、いきなりパリのマダム風な演出で、お子さんを驚かしてもいいのではないでしょうか。
最近、repettoもはやってますし。

コクトー、ワイルド、ヘミングウェイ、宮沢賢治(不良ではありませんが、ある意味、養う家族にしてみれば不良よりタチが悪かった気がします)、芥川龍之介、北原白秋、志賀直哉、谷崎潤一郎、坂口安吾、三島由紀夫。酔ってばかりいる李白。洋の東西を問わず、作家・詩人は不良だったが故に、あれほどに時代を超えて魅力的な作品を残しているのだ、ということを、多感な思春期だからこそ、知ってほしいと思います。

また、親御さんも、受験のために読んだなあ、ではなく、人生経験を経てきた今だからこそ、その一言、この一節が心に響くのだ、という経験をしてみてはいかがでしょうか?

お気づきになった方もいらっしゃるでしょうが、私、太宰治はじめ、幾人かの作家の名前をあえて出していません。たんなる好き嫌いと言ってしまえば終わりですが、思春期に読んだからこそ、読めなくなってしまった作家たちなのです。そういう文学的トラウマをいかに克服するか、思春期入り口に立つ息子を眺めつつ、自問自答しております。

(文:平野だい)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

夏休み読書コミュニケーション~読書でダイエット~

とうとう夏休み後半、新学期の準備も考えなければならない時期になりました。我が家に限らず、夏休みの宿題という、8月最終日のビッグイベント、家庭を阿鼻叫喚の渦に陥れる恐怖に毎年直面されているご家庭も少なくないと思います。
ほんとにこれ始業式の朝までに終わるの?という精神的負荷の高い時限爆弾に加え、慣れない長期の休みにかえって体調を崩される親御さんも多いでしょうし(私たち夫婦もそのクチ)、部活が終わって、受験を控えながらも生活リズムが乱れるお子さんも少なくないでしょう。
そこで、夏休み終盤戦だからこそ、親子で読書とダイエットに取り組まれることをおすすめします。

なんで読書とダイエット?読書でダイエット?と思われるかもしれませんが、自分自身のはるかかなたに消えた思春期を思い起こし、私は長い休暇こそ、子どもや若い人が肉体と精神のバランスを取り戻すため、親子で考え、取り組める貴重なチャンスだと考えています。

世界では飢餓で死んでいく子どもが数多くいる反面、十代で後天性糖尿病になったり、過激なダイエットで摂食障害になり、命も危うくしてしまう子どもも少なくありません。
この問題に関しては、私は大人に責任があると思っています。女性の過剰な痩身願望をあおる広告・記事・商品をばらまいているメディア、広告代理店、企業の人々は、まさに恥を知るべきではないかと思います。

しかし、良識ある大人の発言、子を思う親の言葉というのは、残念ながら、人の心を食い物にしている人々ほど、思春期の子どもたちには受け入れてもらえません。なぜか。そういった大人は子どもたちが憧れるようなファッション、ライフスタイルを持つことが少ないこと、または、
「それ以上痩せなくてもあなたはすてきよ」
という親自身が、肥満であったり、問題のある食生活を抱えていることが少なくないからです。
私含め、私は絶対の自信を持って健康的な食生活を送っています!と言える親御さんはそうはいないでしょう。

ではどうすればいいのか。ここでその道のプロの登場です。

ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントとして、何人もの美女を食生活によって支えた女性、エリカ・アンギャルさんは、まさに「世界一の美女」の食生活を知り、屁理屈をこねる思春期女子であっても文句の付けようがないキャリアと容姿の持ち主です。
しかも彼女の著書はなんだかきらびやかな装丁で、ひねたアラフォー以上のお母さんはともかく、十代二十代には妙に説得力があるように思わせます。

アンギャルさんは幾つかの著書を出されていますが、写真やイラストの多さ、実際に食べるもののイメージ喚起などを考えると、「世界一の美女になるダイエットバイブル」が最もわかりやすいのではないかと思います。
一冊では親子のどちらかが待つことになってしまいますので、もう一冊は、「美女の血液型BOOK」または「美女の血液型別お弁当BOOK」を用意されてください。こちらは血液型別に食生活を提案しており、お弁当の方などは、新学期以降もご利用いただけると思います。

アンギャルさんのご本の素晴らしいところは、たんなる食生活の指導だけではなく、健康な食生活の背景となる食文化や、ストレスの無い食生活のためのリラクゼーション方法など、精神面での健康支援まで言及しておられる点で、こういった部分は、
「真に美しい女性は生まれつきの痩せた肉体ではなく、知性と精神によって鍛えられた美しさを持つのだ」
という、大人の女性としてのセルフイメージにも繋がると思います。
タニタの体重計やはかりとにらめっこも良いのですが、節制するだけでは精神面での飢餓を増長させる可能性が高いので、ダイエットというものがたんなる「痩せるためのがまん」ではなく、「美しくなる健康法」となる方法が理想ではないでしょうか。

私自身のことになりますが、私は幼児期から十代前半は恐ろしいようなおデブちゃんでした。
当時、私は母親から、
「腎臓の薬を飲んでいるから仕方が無い」
と言われていましたが、高校受験時、
「腎臓が悪くないお母さんもすごいデブなんだけど?」
と気づきました。
私の母はストレスを食べることで解消する人で、少しでも空腹になると機嫌が悪くなり、人にあたります。料理も嫌いで、私が幼い頃はまだ真面目に調理していましたが、父が単身赴任し、生協で多くの冷凍食品が扱われるようになると、我が家は電子レンジが鳴らない日はない、という食生活でした。
私はとにかく量を減らそう、肉を食べないようにしよう、いやご飯を食べないようにしよう、など、むやみやたらに食事制限をしました。
結果、二十代前半まではそこそこ痩せていたのですが、お陰で万年不健康に。遺伝学的にもう少し伸びてもよかった身長もそれほど伸びませんでした。

出産し、子どもが食物アレルギーであったため、医師や栄養士の指導を受けたり、独学で勉強していくうちに、ほんとうに健康的な食生活というのはシンプルなこと、どんなに健康的な食品でも過剰であったり、体質に合わなければ意味がないこと、どれほど多くのジャンクフード、加工食品に自分たちが囲まれているかも実感しました。
息子に母乳を与えていた3年間は私自身も健康的な食生活をしていましたが、卒乳し、なんでも食べれるようになり、社会復帰してストレスの多い職場に変わってから、いきなり8キロ増え、とうとう、昨年で10キロをこえたため、今年の春、ダイエットを敢行しました。結果、3ヶ月足らずで7キロの減量に成功し、それ以上減りはしていないものの、リバウンドはしていません。
服だけでなく、靴のサイズも変わりましたが、生理痛などは太っていたときより楽になりましたし、体も動かしやすいです。
アンギャルさんのご本だけでダイエットしたわけではないのですが、最も参考にさせていただきましたので、
もしお子さんに本を渡されるときは、
「だいさんて人が、7キロ痩せたらしいよ」
と言ってくださってもよいと思います。

最後に、男の子の親御さん。今は草食系男子がもてはやされていますが、オリンピック、高校野球、高校サッカーと続けば、やはりアスリートの鍛えられた肉体に憧れる少年も増えることでしょう。
息子さんが何かしらのスポーツに熱中していなくとも、肉体に対する自信があるかないかは、女子以上に、男子の人格形成に影響があるように私は思いますので、ぜひ、食生活面でのサポートを、親子でこちらの本を読まれることで行っていただきたいと思います。
名古屋グランパスの栄養士さんが書かれたご本で、集中力を高めたい、足を早くしたい、など、成長期の男子家庭には必須の一冊です。

夏休み終盤、健康的な食生活で頭も心も体もリセットしてくださいね。

(文:平野だい)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧