ファミリーの1歩先には親子スタイル

樋口 美穂

娘の成長

4月から、娘が大学に通い始めた。入学式にはスーツを来て、少し高めのパンプスを履いて、少し大人びた表情を見せてくれた。3年前、高校に入学して程なく行なわれた進路調査では、自分の進みたい道が決められずにいた娘。その状況は、高校3年の1学期まで続いた。いろいろな先生と話をしたり、大学のオープンキャンパスに参加して先輩方の話を聞いたり、自分の道を一生懸命に探していた。そして、ようやく自分の進みたいと思える道を見つけた。

本格的に受験勉強をスタートしたのは、高校3年の夏休み…。自分が納得しないと前へ進めない、娘らしいプロセスだと思う。娘には、私は出来るだけ口出しはしないようにしている。気が強いようだけど、実はとても臆病で、自信満々に見えるけど、本当は不安がいっぱいな娘…。そんな娘だから、自分で決めた道を歩いていかなければ、どこかで後悔して前に進めなくなってしまうと思っている。意見を求められれば、母親として答えるけれど、娘は私の意見を本当は聞いていない。ただ、自分の意見に賛成してほしいだけなのだ。だから、娘が一人で考える時間が必要だと思っている。

実は、娘が通っている大学は、娘の第一志望の大学ではない。大学が決まるまで、娘とは本当に色々なことを話した。娘自身の中学時代のつらい経験と、その時に何を考え、どんな風に生きてきたかも聞いた。その時も、聞いてはいたが、娘自身も上手に表現できずに、私もその思いを全部理解できずにいたことを知った。娘は泣きながら、ずっと話をしてくれた。親子であっても、違う人格があるのだから、100%同じ気持ちなれるとは思ってはいないが、それでも、今までよりもずっと、娘の思いを理解できたように思う。

もしかしたら娘は、来年もう一度、学びたいと心から思っている大学を受験し直すかもしれない。でも、もしかしたら、今の大学にそのまま通い続けるかもしれない。私は、娘を見守っていこうと思っている。最近は、娘と二人で出かけることも多くなり、話す内容もますます多彩になっているが、娘と私の考えは必ずしも同じではない。私自身、そのことを忘れずに、客観的に娘と話ができるように心がけていきたいと思っている。
(樋口美穂)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

育てなおし… 親の思い

先日、子どもが幼い頃に知り合った友人たちと会いました。第一子の息子が、生後8カ月頃に知り合った友人なので、かれこれ22年のお付き合いです。子どもが小さい頃は、家族連れで旅行にも行ったりしました。毎月、5,000円づつ積み立てて、1年に1回5家族で旅行。とっても楽しかったです。
子ども達が大きくなって、それぞれの家族の予定を調整するのが大変になってきて、最近は女子会として、母親だけで会っています。
女子だけのおしゃべりは、気を使うこともなく楽しい!

先日の話の中で、みんなで口を揃えて言った言葉が『育てなおしをしたい!』。横から見ていれば、羨ましいような高校・大学と進学した息子を持つ友人の口からも、その言葉が飛び出したのには、ちょっとビックリしました。

(さらに…)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

健康管理の大切さを改めて実感

以前、娘が脱水症状にかかった記事を書き、その時の反省が「油断大敵」だったのですが…、今度は長男が風邪を悪化させてしまいました。長男の場合も、「病院に行き、薬を飲んでいる」「風邪はいつも、3~4日で完治する」「もう一人で体調管理もできる年齢」という“大丈夫感”が私の中にありました。それでも、咳が止まらない長男には、もう一度病院に行くようには言ったのですが、病院の長い待ち時間が嫌な長男は「来週にでも行くからいいよ」と、そのまま週末を過ごしてしまいました。
さすがに長男も、熱も下がらず、咳も続いている状態に「明日の月曜には病院に行ってくるよ」と言い出しました。そして、翌日、少し大きめの病院に行くと… 診断結果は「肺炎」。
病院に言った息子から電話が有り、病名と入院について聞かされました。あ~ぁ、もっとしっかり注意して症状を見てあげればよかったと、また反省。

20歳を過ぎて、確かに本人の自己管理も大切ですが、もう少し私も気を付けて症状を見てアドバイスしていれば良かった…。まさか、肺炎になるなんて、健康管理について改めて考えさせられました。息子も、結構つらかったらしく、食欲も落ちていたらしいのですが、ご飯時には部屋から出てきてご飯を食べている様子を見て、「いつもと変わらない」と単純に思っていた、私。もちろん、症状について息子と話をしていましたが、そこまでひどくなっているとは考えもしませんでした。

片方の肺の上部が真っ白になっていて、結局1週間入院をしました。風邪はこじらせると怖いですね。これから娘の受験時期に突入するので、家族の健康管理には、これまで以上に気を配っていきたいと思います。

(樋口美穂)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

9月に脱水症状に…

今年は残暑も厳しかったですね。9月になっても暑い日が続き、学校から帰宅した子ども達も汗びっしょりで、ちょっと可哀想に思うこともありました。暑さが苦手の次男は、「早く冬にならないかな…」と、寒くなる日を心持にしていました。
そんな中、娘が体調不良に…。大学受験を控えた娘は、夏休みからようやく本気モードになったようで、1日10時間勉強を目標に頑張っていたのすが、9月になって毎日とっても疲れている様子でした。

「たぶん、疲れが出たんだよ」と、早寝をさせたり、栄養ドリンクを飲ませたりと、体力が回復するように努めたのですが中々回復せず、病院へ行かせることにしました。
病院での診断は、なんと『脱水症状』でした。暑いとはいえ、9月中旬だったということもあり、脱水症状とは考えてもいませんでした。水分もお茶を十分に飲んでいたので、水分が足りていないと思いつかなかったのです。
油断大敵とは、まさにこのことだと反省しました。病院で点滴をしてもらい、帰宅して2~3時間ゆっくり過ごして…ようやく「スッキリした~!」と言うぐらいに回復しました。
家に岩塩があったので、今さらですが舐めさせて、ナトリウム入り飲料をたっぷり飲ませて、トイレにもしっかり行けるようになったのを確認して、ホッとしたのでした。

脱水症状になった原因をよ~く考えると、思い当たることがありました。暑い中、7時間ほど立ちっぱなしで並んだことが、たぶん疲れていた体に負担をかけたのだと思います。体調管理は気を抜かず、先入観も持たず、状況を見極めることが必要ですね。痛感しました。

(文:樋口美穂)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

次男が部活を通じて得たことは…

高校生になった次男が軽音楽部に入部した。
次男は幼い頃からマイペースで、意外に要領が良く、自分が興味を持った事には真剣に取り組むが、興味を持たない事には例え先生から怒られても、まったく手を付けようとしない頑固な性格の持ち主であった。
それでも、中学になってからは、周囲に合わせることも、それなりに身につけていった。どんな高校生になるのか…と、親としても興味深かった。3人目の子ということもあって、親もちょっと客観的に見ることが出来る。これが長男だったら、思いっきり叱り飛ばしているだろうと思う場面もいくつもある。
軽音楽部に入部した次男は、ドラムを始めた。

1年生でバンドを組んで、ゆっくりながら活動を始めた。そして、今回、夏休みの最後に自分たちの演奏を披露する舞台を得た。今までは、先輩から褒められた話しや、自分がだいぶ上手にドラムを叩けるようになった話を聞かせてくれていたが、その舞台の1週間前から「不安」を抱く胸の内を聞かされるようになった。
「やっぱり、間違えると仲間に迷惑かけちゃうからね。練習しなくちゃね」
そんな彼の言葉に、彼の成長を見たように思う。今までしまってあった電子ドラムで練習したいと、次男が言い出した。私は配線はわからないので、取りあえず電子ドラムの周囲を片付けてあげたら、次男は一人で一生懸命にセッティングしていた。そして、黙々と練習を始めた。
そんな次男の姿を見ながら、彼なりの頑張りにエールを送った。
「バンドの仲間とは仲良くなれって先輩が言ったから」と、みんなで買い物にいったり、当日が心配だからとバンドのみんなとスタジオを借りて練習したり、楽しそうにやっている。
経験することで得ることも大きいはず。この夏、彼は一歩成長したように思う。経験を通して、自分の道を自分で切り開いていく力を、少しずつでも蓄えていってほしいと願っている。

(文:樋口美穂)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧