ファミリーの1歩先には親子スタイル

神谷 巻尾

1.5人暮らし?

大学に入学してはや1ヶ月、予想以上に大変な授業に週3回のバイト、サークル活動と、息子にしては忙しい日々を、なんとかがんばって過ごしているようです。

大学は少し遠く、これを機に1人暮らしもいいのではと思っていたけれど、説明会で「下宿の目安は通学2時間半以上」と聞き、そこまでないから家から通うという息子。そのかわり、というか、娘の学校がかなり遠いため、そちらに部屋を借り、平日は娘と私がそちらで過ごす、という生活をはじめました。

とはいっても、自宅でする仕事もあり、動物もいるので結局私が昼帰ってきて、夕飯の準備もしていくこともあり、1人暮らしともいえない状況ですが、とりあえずお風呂の準備、犬猫の世話、ゴミ出しなどはなんとかやっているもよう。なんといっても朝1人で起きて、ごはんを食べて、1限に間に合うように出て行く、という難関をとりあえずほぼクリアしているので、結構感心しています。

あまり張り切りすぎてプツっと切れないように、連休はのんびり過ごしたいものです。

(文・巻尾)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

初ATM

卒業式を終え、長い春休みをゴロゴロ過ごす息子。
大学生になるんだからお小遣いは自分でなんとかしろー、携帯代は自分で払えーとしつこく言っていたら、ようやく重い腰をあげて近所の飲食店に面接に行き、運よく採用してもらいました。

給料の振込に口座が必要とのことで、本人名義の通帳とカードを初めて渡しました。
じゃあこれを機に自分で管理することにしよう、ととりあえず当面必要なぶんを引き下ろしに。
そういえばカードもATMも初めてでした。どうやんの?と言いながら、簡単にお金が出てきてびっくりしたり、なんで57円とか端数があるわけ?と利子の存在も知らなかったり。金融に免疫ないまま大人になるのもどうかと思うので、徐々に金銭感覚を養っていければなと思います。

とりあえず必要と思った金額が3000円、そこからバイト初日のために散髪、てあたりは、まずまずの使い方かな?

(文/巻尾)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

卒業旅行に行ってます

高校卒業を間近に迎えた息子が、今中学時代の友人と旅行に行っています。

考えてみたら学校行事でもなく、家族旅行でもなく、友達だけで旅行に行くのは初めてかもねー、なんていいながら、いそいそと支度をして交通経路を調べ、学校の帰りにそのまま出かけ、音沙汰なし(笑

あまり活動的ではなく、こちらがやきもきして色々誘い出したり発破をかけたりしていましたが、友達同士なら腰も軽いですねー。その調子で自分の世界を広げていってもらいたいな、と思います。

しかし高校生同士といえ、往復新幹線、宿泊もリゾート施設のようで、社会人の週末旅行並に費用をねだれました。今どきの子はぜいたくだな、と思いつつ、これまでそういう旅行ばかりだから、貧乏な旅も思いつかないのかもしれませんね。

そして、自動車教習所も高校生のうちが安くなるからと申込み、またどどーんと出費(泣

お金の面では、卒業はまだまだですね…

(文・巻尾)

 

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

センター試験の国語

センター入試が終わって1週間、受験生のみなさんは、これからが本番なのでしょうか?

センター入試についてはほとんど知識がないのですが、「今年のセンターの国語がヤバイ!」という話題を耳にして、ちょっと調べてみました。

どうやら現代国語の評論と小説が、なんだかすごかったとか。

評論文は、小林秀雄の「鐔(つば)」。すでになんのことやらと思いましたが、案の定脚注があり「日本刀で、束と刀剣の間にはさむ装具だそうで、図解までしてありました。歴史の流れと、その中における工芸や芸術について述べた随筆、でしょうか。まあ、渋い、古いお爺さんのエッセイですね。これは評論なのか、と思いますが、小林秀雄だからいいのでしょうか。行きつ戻りつある文章に、間違い探しのような選択肢。脚注が21個もあるし。文学部ならともかく、みんなが受ける問題としては気の毒です。

話題という点では、小説の方が盛り上がってます。1923年発表の、牧野信一「地球儀」という短編ですが、昔の作品ならではの表現がウケたみたいです。「青空文庫」に全文が載っていますが、ちょっと引用してみますね。

「シイゼエボオイ・エンドゼエガアル」と。母は静かに朗読した。
「スピンアトップ・スピンアトップ・スピンスピンスピン」

「フェーヤー? フェーヤー……チョッ! 幾度聞いてもだめだ、すぐに忘れる」

「謎の言葉出現!」「スピンスピン頭から離れない!」とか、ネットですごい盛り上がりです。確かに試験中ここにひっかかると吹出すかも。そして集中できないかも。これだけ見るとすごいアヴァンギャルドな小説みたいですけど、普通に読むと、いい作品でしたよ。こっちの方が問題としてもよさそうでした。

古典のおかしみを味わういい機会でしたが、受験生のみなさんには、ほんとにお疲れさまでした!

(文・巻尾)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

お寺と神社

あけましておめでとうございます。

昨年末はぎりぎりまで仕事をしたかわりに、お正月は食べて飲んでごろごろ過ごしました。

元旦はお寺に挨拶に行き、墓参りをして、となりの神社で初詣、というのがここ数年の習慣ですが、お寺と神社が隣でほんとに便利、と思います。

あまり地域に根ざした生活をしてきたわけではなく、お墓参りも行ったり行かなかったりだし、お宮参りもせず、七五三も別の大きな神社に行ってしまったけれど、もっと近くを利用すればよかったな、と今頃思ったりして。

その分今は子どもとも比較的よく行くようになり、日本の宗教や慣習的なことを話すきっかけになったりしています。

行く前は慌ただしく険悪になったりしますが、行ってしまえば充実感があり和やかになったりして、やっぱり神社仏閣ってパワースポット?と思ったり。

今年も身近なところから、新たなものまで、色々経験していきたいものです。

(文・巻尾)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧