ファミリーの1歩先には親子スタイル

武田 りこ

圧迫面接って知ってますか?

娘の就活は出だしはどうなることかと思いましたがアベノミクスのおかげでしょうか、思っていたよりはずっとすんなり終わりました。

それでも就活の最中の娘の話や娘の友人の話はとても興味深いものがありました。

その中でも、私も夫も娘に教えてもらうまで知らなかったのが圧迫面接です。

圧迫面接とは、わざと面接官が無礼な態度や強い言い方などストレスをあたたえる行動をとり、それに対する学生の反応を見る面接なんだそう。

娘たちの世代の子達にとってはそんなの常識、なんだそうですが、実際にあった例などを聞くとやはりびっくりします。

同じ日の面接でも自分の部屋は普通だったけど、隣の部屋は圧迫面接だった、とか面接官によるのか、事前お学生のエントリーシートやそれ以前の面接などの結果を踏まえて圧迫面接を行うのか、などは娘たちにもわからないそうです。

娘の友人で実際あった圧迫面接の例では

○面接官がずっと携帯を触りながらで、こちらが話していても聞いていない様子である。最後まで興味なさそうな態度をとられた。

○いちいちあげ足をとられる。たとえば志望動機を言うと、「それなら○○のほうがいいんじゃないの?」など。

○目の前で履歴書を破られる。

○終始ぞんざいな口の聞き方をされる。

圧迫面接なんだとわかっていれば冷静に対処できるのでしょうが、そんなものがあるとは知らずに臨んだら逃げ足してしまいそうですね。

圧迫面接にどう対処するのが正解なのかはわかりませんが、少なくとも泣き出したり、逃げ出したりするはNGなのではないでしょうか。

身近な友人にあった圧迫面接の例を聞いて、どう対応するのがいいか友達同士でそれぞれのケースのシュミレーションをしていました。

娘自身は一度だけ、後から思えばあれは圧迫面接だったな、といういことがあったそうですが、幸い鈍感だったのでその場では話がいまいちかみ合わないなぁと思ったくらいで無事終わったそうです。

そんな彼女でも就活が始まって間もないころ、娘がグループ面接が終わってものすごく落ち込んで帰ってきたことがありました。

4人グループで自分以外の人たちがみんな経歴も、学生時代の活動も、志望動機もすばらしすぎて、自分がものすごくちっぽけで空っぽのように感じ、途中で帰りたくなったそうです。ほかの人が海外青年協力隊や東北のボランティア、運動部の全国大会の話をする中で、自分はKポップ(しかもこのご時勢)の追っかけの話。。。

でもなぜかそのグループ面接で受かったのは娘でした。そこの会社は内定までいただき、きっと相性がよかったのでしょうね。それまで不調だった就活がその面接以降うまく行くようになったので、ご縁がなくてお断りすることになりましたが、娘はその会社に感謝しているようです。

まだまだ就活中の学生さんもたくさんおられることと思います。

面接で落とされると、さらにそれが続くと人格を全面否定されたような気持ちになると思います。

でも面接は相性のあるもの。自分と相性のあう会社、面接官にいつか出会えるとおもって必要以上に落ち込まないでください。

ちょっと肩の力を抜いて、自分らしく、でも圧迫面接などの情報はしっかり頭に入れて、就活中、これから就活の学生さんたちが自分にあった会社に入れることを祈っています。

 

 

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
[武田 りこ, 進路・就活]
(2013年06月13日 11:01) 個別ページ

巣立ちの時

苦しい1浪を経て、奇跡の志望校合格を果たした息子。

私は男の子は大学は親元を離れてほしいとずっと思っていて息子にもそのように伝えていました。

息子自身はいろいろ考えた結果、同じ近畿圏でちょっと通うのは難しいという学校を志望校に選びました。

私としても、できれば大都会でないところで、と思っていたので願ったりかなったり。

3月の終わりごろにアバートに入居し、(近いことをいいことに)入学式までは、自宅と行ったり来たりしながら下宿生活に必要なものを整えていきました。

4月初めの入学式からはいよいよ完全な一人暮らしがスタート。

ちゃんと朝起きて学校に行ってるだろうか(これが一番の心配)。

ご飯はどうしているかしら。

部屋はやっぱり(いえ絶対)ぐちゃぐちゃなんだろうな。

などと親の心配をよそに、ちっとも連絡もよこさずほぼ1ヶ月となりました。

私の父が入院したことをきっかけに、週末に帰って来たので、ここぞとばかりあれこれ様子を聞きました。

しばらく見ないうちに心なしか顔つきもしっかりし、今までならろくに返事もしなかったのに、聞いたことにはちゃんと答えて話もして、たった1ヶ月でも随分成長したようです。

帰りには「駅まで車で送って」だの、「荷物持って帰るの重いからあとから郵送して」だの、相変わらずの甘えっぷりでしたが、少しずつ親から巣立っていく第一歩は踏み出したようです。

いろいろ心配は尽きませんが、自立の第一歩を歩みだした息子と、遠くから見守る修業を始めた私の巣立ちの春です。

ところで、メールしても(本当に必要な時しかメールをしていないのに)半分くらいしか返事が返ってこないので、それでは困ると伝えると、lineのほうが便利だといわれ、使い方を伝授してもらってオットともにlineデビューも果た、というおまけも付きました。

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

就活現在進行中

大学3回生の娘の就活が今まさに進行中です。

時代も違うし、何より分野が全く違っているので、私も夫もまともに就活したことがないので、見ること聞くこと初めての事だらけです。

今年度から、就活の開始が少し遅くなったらしく(そんなことも知らない頼りない親ですが)、そのほうがいいじゃない、と思っていましたが、そのせいでスケジュール的にはたいへんなんだそう。

就活から帰ってきた娘にあれこれはなしを聞いては「へぇ~」を連発中です。

就活に詳しい方には当たり前のことばかりかとは思いますが、わたしが「へぇ」と思ったことをいくつか。

○女子会形式の説明会が結構ある。

その会社に勤める女性社員の生の声を、座談会形式で女子ばかりで聞いて質問する形式のようです。

同じ会社に勤める女性社員の方でも20代後半の方と40台半ばの方では、全く逆のご意見だったりするそうで、一口に女性が働く、といっても様々らしく、いろいろ参考になるみたいです。

○業界によって、時期が違う。

○○業界はもう内定くらいの段階だけど、○○業界はまだ一般的な説明会の状態でエントリーシートの受付もまだ、とか短くなったという就活期間の中でも様々なんですね。

みんないったいどうやって情報を収集しているのか、すごいですね。

こんなことで就活って大変、なんて思っていては笑われてしまうのでしょうか。

○企業説明会に行くといっても、ある程度名前の知れた企業しかよくわからない。

大人だって自分と直接かかわりのある業界でなければ、中小の会社の情報は知らないのは仕方のないこと、ましてや社会経験のない学生さんが、規模は大きくないけどがんぱっていたり将来性のある会社を見つけるのはやっぱり至難の業ですね。

もう少しすると中小企業の合同説明会なんかもあるらしいですが、それぞれの学生さんとがんばっている会社がうまくマッチするといいな、と他人事のように願ったりしています。

○エントリーシートって何?

Webテストとか、エントリーシートとかというものがある、とは聞いていましたが。

エントリーシートも様々なんですね。簡単なものから書くのにかなり時間とパワーがいるものまで。

また、履歴書っぽいものからかなり自由なものまで。

提出方法も様々なんですね。インターネット提出、郵送、説明会に持参。

聞いてるだけで大変そうです。

○学生の就活セミナーがある

先輩が後輩に、という形式もあれば、現役学生が自分たちで、というのもあるそう。

ただ、あまりに早くから気合が入りすぎていた人の中には、すでに燃え尽きてしまって今になって留学するとか大方向転換を図る人もいるようです。

貴重な大学時代、勉強や大学生活も大切なはず。

就活に振り回されず、でもきっちりとと思うのは贅沢なのでしょうか。

親掛かりで就活している話もあちこちで聞きますが、我が家では、「このエントリーシート郵送で明日必着やった。郵便局行って出しておいて。」と頼まれて郵便局に走る程度しかお手伝いできませんが、自分の力でやってこその就活だと思っているので、これからも就活あれやこれやの娘の話を楽しみながら、がんばれ~と気持ちだけは応援していこうと思います。

(by 武田 りこ)

 

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

就活開始

あけましておめでとうございます。

気が付けばもう2013年が始まって1週間ですね。

昨年の12月から始まった長女の就活もお正月休みが終わってさっそく本年の初始動のようです。

私も主人も専門職、さらに私はバブル最盛期でもあり、まったく就活とは縁のない人生を送ってきたので娘の就活は初めての連続です。

就活といっても二十歳そこらの学生が世の中にどんな職種があって、どんな会社があって、そこでどんな仕事をするのか、なんて雲をつかむような話。

まずは合同説明会やら個別の企業説明会やらに足を運ぶことから始まるんだ、ということをオットともども初めて知って、先の長さに思いやられています。

私の実家が中小企業経営なので、長女も別に大企業でないといけないとは少しも思っていないのですが、星の数ほどもあり、玉石混交の中小企業の中から自分にあう会社を見つけるのはより困難で、学生が大企業に集まっていくのはいまの就活の形態だとある程度仕方がないのかもしれないと、この一ヶ月の娘の就活状況を見ていると感じます。

まだ説明会の段階なので最初の一歩の一歩手前くらいですが、すでに若干疲れ気味の娘。

あと数か月なのか半年なのか一年なのか、さっぱりわかりませんが娘が自分を生かせて、社会に貢献できるような会社とご縁があることを祈って、見守りつつ差し障りのない範囲にはなりますが、この場で報告していきたいと思っています。

(By 武田 りこ)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
[武田 りこ, 進路・就活]
(2013年01月06日 23:05) 個別ページ

受験生、ゆれる思い

我が家の長男、浪人生。

進みたい分野は決まっているようなので、その点では迷いはないようですが、問題は学校選び。

まだまだ甘い考えなので、こちらが選ぶ側だと思っている彼。

去年は反抗期MAXだったこともあり、家から出るのは大前提でその中でもかなり遠くの学校を志望校にしていましたが、ここに来てだいぶトーンが変わってきました。

4人家族姉弟の弟である彼は、ご想像通り、いえそれ以上の甘ったれ、mama’s boy。

ここ数年その裏返しの反抗期をやってきましたが、ちょっと収まりつつある状態。

ただ、振り上げた拳をどうしていいか困っている状態のようです。

それが志望校選びにも現れているようで、我が家から最寄の大学を第一志望にしようとしていた様子。

私は、彼の甘ったれは一度一人で自活しないと直らないと思っているので、最寄の大学に家から通われるのは勘弁してもらいたいと思っています。

そろそろ本格的に志望校を絞る話し合いをした結果、近畿地方で、家からはちょっと通えない、という微妙なところに落ち着いたようです。

彼なりにゆれる思いがあるんだということを、久しぶりにちょっとちゃんと話をした中で、確認できて、ちょっと安心しました。

まだまだオットにはかなり反抗的な態度のままですが、志望分野や志望校を聞いていると、父の存在や認めて尊敬もちゃんとしているようにも感じます。

いずれにしてもセンター試験しだいで志望校は考えなおさないといけなくなるかもしれませんが、春にはいい結果が出るように、応援しようと、改めて思いました。

(武田 りこ)

 

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧