ファミリーの1歩先には親子スタイル

山口 るみか

憧れの母娘旅行

「私ね、お母さんと旅行するのが夢なんだ」高3の娘が常々言っている。お父さんはもちろん(!?)、お兄ちゃんたちも連れて行かず、女2人水入らずで旅行したいのだそう。

私より先に子離れした友人2人も、やはり娘さんと旅行したことがあるそうだ。(2人とも息子さんもいるのだが)

1人は社会人になった娘さんに「連れて行って」もらったそう。(金銭的に、という意味です)

もう1人の友人の娘さんは来年から社会人になるのだが、「学生のうちに行っておいたほうがいいよ、時間がいっぱいあるから」と言っていた。

いいな、いいな。場所はどこがいいだろう。やっぱり京都かな。紅葉の京都でまったりしてみたい。美味しいものをいっぱい食べて、お酒も飲んで・・。(京都は高校の修学旅行以来訪れていないのです!)。カラオケに行ったり、飲みに行ったりもしてみたい。自分が若かったころは母親と2人で遊びに行くなんてことはあまりなかったし、考えたこともなかったけれど、最近の母娘は仲がいいですよね。まわりをみてもそうだし、うちもそんな感じです。これから歳をかさねていけばいくほど、いい話し相手にもなってくれそう。

受験が終わって、大学生になれば楽しいことがいっぱい待っているよ、とことあるごとに娘に言い聞かせている毎日です。(楽しいことが待ってるのは私のほうかな?)

(文:山口るみか)

 

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

朱に交わっても、赤くならないで。

夏休みも終わり、高校3年生の娘もいよいよ受験モードに拍車がかかってきた。娘の学校は選択教科別のクラス編成になっており、彼女はスポーツクラス。そこには一般受験をする生徒は少なく、推薦、AO入試、専門学校志望の子が殆どだそうだ。授業が終わって毎日せっせと予備校に通う娘の姿を見て、友達から「大変だねぇ・・」「がんばっているね」と声をかけられるそう。「なんだか私一人ガリ勉みたいで、嫌だ~」とぼやいている。担任の先生も「中には2月まで残るヤツもいるからな」とおっしゃったらしい」えっ!?「残る」って・・。2月まで受験態勢でいるのが普通ではないのだ。先日も体育祭が行われ、「どうだった?」と感想を聞くと、「みんな楽しそうだったなぁ」と一言。その日も17時半から予備校の授業にジャージ姿のまま出かけたらしい。そんな環境の中、勉強を続けるのは大変だろう。

体育祭の応援団の子が踊る姿を見て、「私も大学に入ったら絶対ダンスをやる!」と心に決めたらしい。今の苦しい気持ちをバネにして、大学でおもいきりはじけられるよう、がんばってね!

(文:山口るみか)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

目的を持って大学選び

大学受験生の娘。夏休みに入って、毎日予備校に通う日々だ。志望大学はもちろんのこと、そろそろ学部も絞っていかなくてはいけないのだが、最近ようやく固まってきたようだ。

「お母さん、私マーケティングがやりたい!」

予備校のチューターに商学部出身の人がいて、色々話を聞いてきたらしい。

コンビニのドリンク売り場はなぜ店舗の奥にあるのか?

―コンビニには、ドリンク購入が目的で来る客がほとんどだ。店舗奥にドリンク売り場を配置すれば、そこに行きつくまでに様々な商品が目にとまり、ドリンク以外の商品購買につながるから。

 

雑誌売り場はなぜ窓際にあるのか?

―立ち読みをしている客が大勢いることにより、外からその店が繁盛しているようにみえるから。

 

何気なく目にしていた光景にも意味があることに気づき、ますます興味が湧いてきたらしい。マーケティングを学ぶなら商学部、ということで的も絞れてきた。先日行われた高校の3者面談でも、先生にそのことを伝えた。「商学部なら、ほかにもこんな大学があるよ・・」とアドバイスをいただき、目標が定まってきたようだ。夏休みは勝負時。道行く浴衣姿のカップルをうらやましく思いながら勉強に励む娘。来年の春には君も遊べるよ。それまでがんばれ!

(文:山口るみか)

 

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

誕生日の贈りもの

もう数十年前の話。誕生日だったか、成人の日だったか、20歳のお祝いに母から18金のネックレスをもらった。一度失くしてしまったが、その後同じようなものを購入し、今でもときどき身につけている。

 さて、先日は二男の20歳の誕生日だった。盛大にお祝いをしてあげなければと思っていたが、昼間は私は仕事だし、息子は夜からアルバイト。「盛大なお祝い」どころか、ケーキやご馳走もままならないまま記念すべき誕生日は過ぎてしまった。1か月前の長男の誕生日のときは、彼女に「盛大に」祝ったもらったらしく、親の出番はナシ。(もう24歳なんだから、当たり前ですよね・・)プレゼントはともかく、誕生日のある週末には本人希望のメニューで食卓を囲んでお祝いをしていた日々が懐かしい。1か月後には娘の18歳の誕生日が控えている。きょうだいのなかで一番要求をしてくる彼女は今から誕生日のプレゼントを思案中のようだ。この子も、やがて彼氏ができれば私の出る幕はなくなってしまうだろう。今のうちに本人のリクエストに応えて希望のプレゼントをあげることにしよう。

(文:山口るみか)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

母の日のプレゼント

もう1カ月近く経ってしまったが、母の日の話題。

小学生のとき、「母の日って、休みになるの?」などとのたまっていた長男も、高校生のころからプレゼントをくれるようになった。カーネーション、ケーキ、「ルシピア」のお茶セット・・・。

母の日が近づいたある日、「今年はストールをあげようと思ってるんだよね」とうれしい予告。その気になった私は、手元にあった雑誌「STORY」のページをめくって、「こんな感じのストールが好みなんだよね、無地だけど地味すぎず!」とノリノリ。ちょっとハイになった私に「そんなに期待されても困るんだけど」と引き気味の彼。

さて、母の日前日の5月12日。彼は昼間から彼女とデートに出掛けていたのだが、思いのほか早く帰ってきた。そして、「はい、これ」と「BEAMS」の紙袋を私に差し出した。中に入っていたのは、予告通り、ストール。しかも「無地だけど地味すぎない」私好みのものだった!さすが社会人、けっこうがんばったね~!本人も「これ、けっこうしたんだよ」(値が張った、の意。)

高校生の長女からは以前、一緒に出かけた際に私が興味を示していた「LUSH」の洗顔ソープとパック。お正月に郵便局のアルバイトをして得たお給料から買ってくれたそう。みんな、私の好みを考えてプレゼントをしてくれる年齢になったのね・・としみじみした、今年の母の日でした。

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
カテゴリ一覧