ファミリーの1歩先には親子スタイル

教えて!OSGアレやコレ

123

夏、ボランティアしてみる

高校生になると途端に将来の進路をどうするかについて考えさせられる機会が増えます。高校を卒業すると就職にせよ、専門学校、大学等にせよ、将来なりたい姿をイメージして一歩踏み出さなくてはならない。そのために、まず興味は何か、何になりたいかと迫られるのです。

そうはいっても高校生が知っている世界は限られたもの。親、そして学校の先生、友達の家族、テレビでよくみる芸能人、映画、コマーシャルを流している会社のこと。その中で将来をイメージしろと言われても、とまどう人も多いようです。地に足がついていない憧れになってしまったり、何もなりたい姿はないと思い込んでしまったり。

こんな悩みにはたくさんの大人に会うことやいつもとは違う世界に飛び込んでみることが糸口をつかむ助けになるかもしれません。

夏にこそボランティアをしてみるのはどうでしょう?

被災地で高校生の力を求めているところはないだろうかと探してみましたが、私の見た範囲では18才以上(高校生除く)の団体でのボランティアを受け入れているところが多かったです。まとまったマンパワーがあって、継続的に協力できる団体が一番いいと思うので、まだ大人になりきれていない高校生が個人でひょろっと行って役に立てるような状況ではないのかもしれません。しかし、住んでいる地域の近くに被災地を応援しているNGOなどがあれば、その事務所の作業をボランティアで手伝うことはできるかもしれません。間接的ではあるけれど、少しでも被災地の力になりたい人は活動内容をよく調べた上で、アクセスしてみると良いと思います。

中高生対象の海外ボランティアツアーもあります。マレーシアで植林、フィリピンで子ども支援をこの夏企画しているBrain Humanityでは、今説明会を東京・関西で開催中です。

またプロジェクトアブロードでは、高校生対象スペシャルプログラムがアジア、南米やアフリカまでたくさん用意されています。

親元を離れて世界の現実に触れた体験はきっと人生の中で大きな意味を持つのではと思います。

ボランティアは物見遊山とは違います。自分がそこで動くことで相手にも影響を及ぼします。もしかしたら感謝なんてされないかもしれない。自分がいいと思ったことだって相手にとってもいいことかはわからないのです。悩んだり大変だったりするかもしれない。逆にとても感謝してもらって、ボランティアは自分が与えているのではなく、大きなものを与えられているんだという思いでいっぱいになるかもしれません。

そのどちらもが真剣に生きているからこその時間で、学校の机の上だけでは学べない大切なことです。

真剣な時間をたくさん過ごすことが、本当の意味での「自分探し」となって進路を考える道しるべにもなるように思います。

この夏、一歩踏み出してみませんか。

文:和田理恵

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

思春期。個室をどうしよう!

我が家には同性の子が3人。今子供用にあてがっている部屋は2つ。1つは机を3つ並べて勉強部屋に、もう1つは和室で布団を敷いて寝室としています。どの部屋も3人で使うので個室はなし!

今まで勉強は結局リビングの机でやるし、遊ぶのもリビング。寝る時だけ和室に帰るという感じでしたので、個室がなくても親子ともにさほど不便さを感じませんでした。

しかし、私自身は小一から個室があったので、個室のある良さも身にしみています。

(さらに…)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

中学生の職場体験学習

 公立中学に通っている息子が先日「職場体験学習」をしてきました。
 そもそも「職場体験学習」がどういうものかご存知ですか?
 公立の中学校で行う場合が多いようで、大学生だとインターンシップと呼ばれていますが、これを中学生が体験するものです。

(さらに…)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

近所の中学生

近所の男の子が中学校へあがった途端
めっきり見かけなくなった。
鍵を忘れたときなんか、
お母さんが仕事から帰ってくるまでの間、
チョコっとうちに寄ってったりしてくれたのに
ホントに見かけなくなった。

(さらに…)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ

五月病じゃなくて六月病?

中学に入って無我夢中で突っ走った四月。ゴールデンウィークを挟み、悩みぬいて部活を決め、最初の中間試験もどうやら終わった中一の娘。

五月病なんて言ってる場合はなかったけれど、いま、どうも六月病っぽい。運動会を一週間後に控え、団体競技やダンスの練習に忙しいのだけど、疲れのせいか、ぼーっとしていることが増えてきた。宿題もやったのかやってないのか、明日の準備はやったのかやってないのか、ピアノの練習は…どれもこれも非常に怪しい。

(さらに…)

ポチッと一票↓↓↓お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 第2次反
抗期(思春期)へ
123
カテゴリ一覧