ファミリーの1歩先には親子スタイル

HOME > コラム

素敵な親子のロールモデル!親子スタイルインタビュー

チャリティ・フットサルに親子で参加

seigo_takaya2.jpg小さな国の国家予算並の移籍金が話題になる、国際的に人気のあるスポーツのサッカーですが、その華やかな舞台裏では、まだ年端もゆかぬ子どもたちの過酷な労働が問題になっています。
あの美しいボールを作るため、大勢の子どもたちが、薄暗い部屋の中で、小さな手を必死に動かし、視力を失い、成長に障害が出るほどの過酷な労働を強いられ、中には性的虐待を受けた少女たちもいる、という事実。
そういった悲劇から、1人でも多くの子どもを救おう、という運動は世界中で行われているのですが、日本のNGOであるACEも、2002年からチャリティ・フットサル大会を開催することで、啓蒙と支援活動を行っています。

今年は5月に大会が行われ、多くのチームが参加しました。
その中から、フットサルを楽しみつつ、親子でこの問題について考えていらした方々をご紹介します。

拓殖大学 国際学部 野村ゼミ  
荻野さん(20)
nomurazemi.jpg
――今回参加したきっかけは?
ゼミのOBの方に誘われました。
――大会の主旨について理解はされていましたか?
OBの方から簡単に説明されましたが、詳しいことは大会に出て、はじめて理解しました。
――ACEの活動についてどう思われますが?
良いことなので、どんどん活動が広がっていけばいいと思います。
ものが安く買えるのは良いことだけど、安くなれば(国内でも)賃金が減って、買えなくなる、デフレスパイラルに落ちているから、決して他国の問題ではないと思います。
――今回の大会について、親御さんとお話をされますか?
:いつもなんでも話をしているので、今回の件も話します。自分自身、去年、アジアの幾つかの国にリサーチに行き、貧困について目にして、色々と感じることが多かったので、それを親に話しましたが、そのときも、
「あんたたちは、たまたま恵まれているだけなんだよ。
しあわせだからこそ、頑張らないといけないよ」と言われて、その通りだな、と思ったし、今回の話をしたら、きっと、
「いいことしたね」
って、言ってくれると思います。

――大会に参加した感想を聞かせてください。
楽しかったし、来年も参加したいです。
ちょっと遠いので、スケジュールや場所によるかもしれないけれど、できる限り前向きに検討したいです。

参加チーム中、最もにぎやかで、仲の良いチームでしたが、ここぞというときは皆さん真剣な顔になり、試合に集中し、熱のあるプレーを見せ、見事ビギナーリーグ準優勝!。
荻野さんはじめ、皆さん非常に礼儀正しく、明るい方たちで、皆さん、親御さんとはなんでも話をするのだとか。そういった親子関係が、彼らの天真爛漫な魅力に繋がっているように思いました。


(さらに…)

タグ:
  • フットサル チャリティー
(2009年09月17日 13:18) 個別ページ

親子でLIVE!広がる音楽の輪

親子でLIVE2008年11月8日、横浜のライブハウスで行われたX LIVE2008に潜入してきました。
「デビューライブが解散ライブ。一夜限りのライブ!
インターネットを使えて、少しのやる気と和やかな協調性があればバンド経験の有無や楽器のウデ、年齢はいっさい関係なし。みんな分けへだてなくウェルカムです」
このようなコンセプトで、過去4回ライブを重ねるうちに、昨年お客さんだった人が今年は出演者になったりして広がってきたそうです。
今回はそのX LIVE2008に親子で参加しているfumikoさんのご一家にインタビューしてみました。
――ご家族でライブに参加されていますが、家族構成とどういった経緯で参加されるようになったのかきっかけを教えてください。
親子でLIVE夫43歳、私44歳、長女13歳、次女11歳
XLIVEは夫の高校時代のバンド仲間が中心になって始め、今年で5回目になります。夫とは高校の同級生で、彼が高校時代の仲間と楽しそうに活動しているのに刺激されて、私も思い切って3回目から参加することにしました。その年は同級生の娘さん(当時4年生)も参加するというのを聞いて、娘たちも参加させようと思いました。

(さらに…)

(2008年12月07日 17:11) 個別ページ

親子でオーケストラに参加!バイオリンで繋がる母・息子

東元さん中学生の息子さんとオーケストラに参加という、ステキな「親子スタイル」を実践している東本さんにインタビューさせていただきました。「ちょっと大きくなった息子と一緒にオケの練習」なーんて想像するだけでステキですねー。(頭の中は「のだめカンタービレ」の世界を妄想する私)それではさっそく伺ってみましょう。
――家族構成について教えてください。ひとことで言えばどんな家族という感じですか?
息子さんと娘さん夫と13歳の息子と6歳の娘の4人家族です。
とにかく「楽しいことを一緒に共有したい」というのが一番で、いろいろな体験学習に積極的に参加しています。登呂遺跡で弥生時代の衣装を借りて古代米を作ったり、バイオリン工房で楽器を作る過程を体験したり、日本銀行の地下巡りをしたり、年末には科学未来館でのダイヤモンド作りにも申し込みました。
――ダイヤモンド作りとはすごいですねー、面白そうです。息子さんとオーケストラで活動されていると聞いておりますが、そのきっかけを教えてください。
もともと私はバイオリンを習っていたのですが、アメリカに留学していた時にはじめてオーケストラの体験をしてとても楽しかったので、いつか子供と一緒にオケで演奏したいと思っていました。実際子供を授かって幸い二人とも音楽が好きなので幼稚園からバイオリンを習わせました。たまたま娘の担任の先生が大田区のオケを紹介してくださったことがきっかけで親子で一緒にオーケストラに参加するようになりました。

(さらに…)

(2008年11月05日 22:39) 個別ページ

パクチーハウス店長が語る「tabiiku(旅育)」のすすめ

特集 「旅育」とは今回は世田谷区経堂にありますパクチーハウス東京の店長、佐谷恭さんに「tabiiku(旅育)」について語っていただきます。佐谷さんはこれまで50カ国を旅してきた「旅のエキスパート」でもあります。
では、よろしくお願いいたします。

――さて「tabiiku(旅育)」というのは聞きなれない言葉ですが、まずはどのようなものかお聞かせください。
子どもの教育を旅を通じて実践するということです。食育の旅バージョンといえます。旅で異文化に身を置くことは、我々に新たな視点を与えてくれます。自分の立場を客観的に見つめられるようになり、他文化や他人との差異について考えますので、視野が広がります。小さい頃からこうした経験をさせてやりたいという親心から思いついたものです。
――たしかに子どもには刺激的でしょうね。
特集 「旅育」とは旅で学べるのは子どもだけではありません。外国を旅すると日常生活と違うことがたくさんありますので、戸惑うことも多いでしょう。子どもにいい格好しようとしてもできないことがある。騙されたり、ボったくられたりね。子どもを守る立場である親も、普段は体験しないいろいろな問題を解決する過程を通して、すごく学ぶことが多いのです。いつもと違うことが起これば起こるほど、家族の絆も深まる。そういうポジティブな面が旅育にはあると思うのです。
――佐谷さんには小さいお子さんがいるということですが、もうすでにいくつかの国に訪れているのでしょうか?それぞれの国での面白かったエピソードなどを教えてください。
特集 「旅育」とは今1歳半の息子がいます。3回ほど海外旅行をしています。1度目は台湾、2度目はハワイ、3度目はブルガリア、チェコ、エストニアを回りました。
どこに行っても共通しているのは、現地の方々が子どもにとても優しいこと。男の一人旅も楽しいですが、現地の人と触れ合える確率は、子どもと一緒の方が格段に高い。屋台でもちょっと高めのレストランでも、子どもを連れて行くと歓迎されるし、食べているときには「食事に集中して」などと言って代わりにあやしてくれたりもします。道を歩いていてもたくさんの人が笑顔を投げかけてくれる。子どもにとってもきっと嬉しい体験でしょう。
エピソードはいろいろありますが、印象的なのはプラハの空港での出来事です。同じぐらいの年の子がいて互いに意識しあって声を出したりしていました。まだ一緒に遊ぶような段階ではないのですが、何かを訴えあっていました。その様が面白く、向こうのご両親と会話をすることに。子どものお陰でいい出会いができました。
――お子さんが小さいときにお勧めの海外は他にどんなところでしょう? また子供が小学生の高学年以上で大人と同じようにわかるようになったら、見せたい国はどんなところですか?大きくなったお子さんと海外でやりたいことなども織り交ぜて教えてください。
子どもが小さいからどこ、ということはないと思います。ただ、長時間のフライトは子どもにも大人にも負担になりますので、最初のうちは近いところから行くのがいいんじゃないかと思います。もう少し大きくなったら――自分自身の旅と同じで全然計画してないんですが――記憶が残るであろう5歳になったらインドに連れて行きたいです。中学生ぐらいであれば近隣諸国のことをよく知ってもらいたいので韓国・北朝鮮・台湾・中国・モンゴル・ロシアなどをひと通り見せたいですね。
――なるほど~、ついヨーロッパやアメリカなどを選択しそうですが、やはりアジアを知るというのは大事かもしれませんね。その他、子供の育て方に関してのこだわりなどありましたら教えてください。
自由意志を尊重したいです。とはいえまだうちの子は小さいので、広い視野を持ってもらいたいという希望を抱きながら、一緒に外国を旅して、家族みんなで楽しんでいます。子育てのこだわりというと難しいですね。親をやるのは初めてなので、日々子どもから”親にしてもらってる”という気がします。また、子どもは親のことをよく見ていますので、疲れていてもそういう顔は見せず、いつも楽しく笑いかけたいと思っています。

(さらに…)

タグ:
  • 親子スタイル パクチーハウス東京
(2008年10月06日 11:54) 個別ページ