ファミリーの1歩先には親子スタイル

素敵な親子のロールモデル!親子スタイルインタビュー

パクチーハウス店長が語る「tabiiku(旅育)」のすすめ

特集 「旅育」とは今回は世田谷区経堂にありますパクチーハウス東京の店長、佐谷恭さんに「tabiiku(旅育)」について語っていただきます。佐谷さんはこれまで50カ国を旅してきた「旅のエキスパート」でもあります。
では、よろしくお願いいたします。

――さて「tabiiku(旅育)」というのは聞きなれない言葉ですが、まずはどのようなものかお聞かせください。
子どもの教育を旅を通じて実践するということです。食育の旅バージョンといえます。旅で異文化に身を置くことは、我々に新たな視点を与えてくれます。自分の立場を客観的に見つめられるようになり、他文化や他人との差異について考えますので、視野が広がります。小さい頃からこうした経験をさせてやりたいという親心から思いついたものです。
――たしかに子どもには刺激的でしょうね。
特集 「旅育」とは旅で学べるのは子どもだけではありません。外国を旅すると日常生活と違うことがたくさんありますので、戸惑うことも多いでしょう。子どもにいい格好しようとしてもできないことがある。騙されたり、ボったくられたりね。子どもを守る立場である親も、普段は体験しないいろいろな問題を解決する過程を通して、すごく学ぶことが多いのです。いつもと違うことが起これば起こるほど、家族の絆も深まる。そういうポジティブな面が旅育にはあると思うのです。
――佐谷さんには小さいお子さんがいるということですが、もうすでにいくつかの国に訪れているのでしょうか?それぞれの国での面白かったエピソードなどを教えてください。
特集 「旅育」とは今1歳半の息子がいます。3回ほど海外旅行をしています。1度目は台湾、2度目はハワイ、3度目はブルガリア、チェコ、エストニアを回りました。
どこに行っても共通しているのは、現地の方々が子どもにとても優しいこと。男の一人旅も楽しいですが、現地の人と触れ合える確率は、子どもと一緒の方が格段に高い。屋台でもちょっと高めのレストランでも、子どもを連れて行くと歓迎されるし、食べているときには「食事に集中して」などと言って代わりにあやしてくれたりもします。道を歩いていてもたくさんの人が笑顔を投げかけてくれる。子どもにとってもきっと嬉しい体験でしょう。
エピソードはいろいろありますが、印象的なのはプラハの空港での出来事です。同じぐらいの年の子がいて互いに意識しあって声を出したりしていました。まだ一緒に遊ぶような段階ではないのですが、何かを訴えあっていました。その様が面白く、向こうのご両親と会話をすることに。子どものお陰でいい出会いができました。
――お子さんが小さいときにお勧めの海外は他にどんなところでしょう? また子供が小学生の高学年以上で大人と同じようにわかるようになったら、見せたい国はどんなところですか?大きくなったお子さんと海外でやりたいことなども織り交ぜて教えてください。
子どもが小さいからどこ、ということはないと思います。ただ、長時間のフライトは子どもにも大人にも負担になりますので、最初のうちは近いところから行くのがいいんじゃないかと思います。もう少し大きくなったら――自分自身の旅と同じで全然計画してないんですが――記憶が残るであろう5歳になったらインドに連れて行きたいです。中学生ぐらいであれば近隣諸国のことをよく知ってもらいたいので韓国・北朝鮮・台湾・中国・モンゴル・ロシアなどをひと通り見せたいですね。
――なるほど~、ついヨーロッパやアメリカなどを選択しそうですが、やはりアジアを知るというのは大事かもしれませんね。その他、子供の育て方に関してのこだわりなどありましたら教えてください。
自由意志を尊重したいです。とはいえまだうちの子は小さいので、広い視野を持ってもらいたいという希望を抱きながら、一緒に外国を旅して、家族みんなで楽しんでいます。子育てのこだわりというと難しいですね。親をやるのは初めてなので、日々子どもから”親にしてもらってる”という気がします。また、子どもは親のことをよく見ていますので、疲れていてもそういう顔は見せず、いつも楽しく笑いかけたいと思っています。

(さらに…)

タグ:
  • 親子スタイル パクチーハウス東京
(2008年10月06日 11:54) 個別ページ