ファミリーの1歩先には親子スタイル

素敵な親子のロールモデル!親子スタイルインタビュー

チャリティ・フットサルに親子で参加

seigo_takaya2.jpg小さな国の国家予算並の移籍金が話題になる、国際的に人気のあるスポーツのサッカーですが、その華やかな舞台裏では、まだ年端もゆかぬ子どもたちの過酷な労働が問題になっています。
あの美しいボールを作るため、大勢の子どもたちが、薄暗い部屋の中で、小さな手を必死に動かし、視力を失い、成長に障害が出るほどの過酷な労働を強いられ、中には性的虐待を受けた少女たちもいる、という事実。
そういった悲劇から、1人でも多くの子どもを救おう、という運動は世界中で行われているのですが、日本のNGOであるACEも、2002年からチャリティ・フットサル大会を開催することで、啓蒙と支援活動を行っています。

今年は5月に大会が行われ、多くのチームが参加しました。
その中から、フットサルを楽しみつつ、親子でこの問題について考えていらした方々をご紹介します。

拓殖大学 国際学部 野村ゼミ  
荻野さん(20)
nomurazemi.jpg
――今回参加したきっかけは?
ゼミのOBの方に誘われました。
――大会の主旨について理解はされていましたか?
OBの方から簡単に説明されましたが、詳しいことは大会に出て、はじめて理解しました。
――ACEの活動についてどう思われますが?
良いことなので、どんどん活動が広がっていけばいいと思います。
ものが安く買えるのは良いことだけど、安くなれば(国内でも)賃金が減って、買えなくなる、デフレスパイラルに落ちているから、決して他国の問題ではないと思います。
――今回の大会について、親御さんとお話をされますか?
:いつもなんでも話をしているので、今回の件も話します。自分自身、去年、アジアの幾つかの国にリサーチに行き、貧困について目にして、色々と感じることが多かったので、それを親に話しましたが、そのときも、
「あんたたちは、たまたま恵まれているだけなんだよ。
しあわせだからこそ、頑張らないといけないよ」と言われて、その通りだな、と思ったし、今回の話をしたら、きっと、
「いいことしたね」
って、言ってくれると思います。

――大会に参加した感想を聞かせてください。
楽しかったし、来年も参加したいです。
ちょっと遠いので、スケジュールや場所によるかもしれないけれど、できる限り前向きに検討したいです。

参加チーム中、最もにぎやかで、仲の良いチームでしたが、ここぞというときは皆さん真剣な顔になり、試合に集中し、熱のあるプレーを見せ、見事ビギナーリーグ準優勝!。
荻野さんはじめ、皆さん非常に礼儀正しく、明るい方たちで、皆さん、親御さんとはなんでも話をするのだとか。そういった親子関係が、彼らの天真爛漫な魅力に繋がっているように思いました。


(さらに…)

タグ:
  • フットサル チャリティー
(2009年09月17日 13:18) 個別ページ